【ユージオをリアル世界へ!?】ソードアートオンライン小説 11巻感想

ソードアートオンライン小説11巻、アリシゼーションターニングでは、本当にいろいろなことが起こります。

その中で取り上げたいのは、キリトの迷いが消えたということです。

 

これまで、キリトは悩んでいたと思うんです。

アインクラッドでは、仮想現実内での死が現実での死に直結する事から、戦いは常に命がけで、ゲームをクリアーしてアスナを現実世界へ帰すという揺るぎない目標がありました。

 

一方で、アンダーワールドでは、キリトは自身の目標に対してかなり迷いがあり揺らいでいます。セントラルカセドラルの頂上を目指しているのは、この世界の管理者と接触し自分がアスナたちの待つ現実世界に帰りたいから。

しかし、その目標が達成されたとき、それは無二の親友・ユージオや、仲良くなったアンダーワールドの人たちとの別れを意味するのだと。

 

このキリトの悩みは、キリトらしい解決方法によって信念に変わったんだと思うんです。

 

ユージオを、リアルワールドに連れていく、と。

そして、ラースというまだ素性のわからない企業に、このアンダーワールドを管理させておくのは危険だと考えたのでしょう。

私もこの考えには賛成です。

いつ、このプロジェクトが凍結して、アンダーワールドが消去されてもおかしくない。

なぜラースが簡単に消去できると考えられるのか。

それは、ラースのスタッフが、アンダーワールド人をただのフラクトライトの箱としか思っていないからです。

またコピー&ペーストすれば作れる世界としか思っていないからでしょう。

 

キリトは、アンダーワールドで過ごした2年以上の期間で、アンダーワールド人がいかに人間と同じか、人間よりも人間らしいかということを肌で感じています。

 

ユージオをラースの人間に会わせて、魂は普通の人間と変わらないことを証明し、アンダーワールドにいる人間の人権を主張する、これがキリトの新しい目標なのだと思います。

 

これからキリトにはたくさんの厳しい戦いが待っていると思いますが、迷いがなくなったキリトはとても強いです。

 

今後ユージオが死ぬ展開とかにはならないで欲しい。

本当にそう思います。

私もすでにユージオというキャラが好きになっているので、ソードアートオンラインを語るうえで、ユージオはずっと生きていて欲しいですね。

 

「お前は人間だ。ユージオ。俺と同じ、いくつも間違いを犯しては、その意味を探してあがき続ける、人間なんだ・・・」

このキリトのセリフで、目の奥がツーンとしました。

 

みなさんも、ソードアートオンライン11巻で泣いて下さい。デトックス効果で体にいいですよ。

 

ソードアートオンラインの小説をいますぐ読むなら

 

【よくこんな物語が書けるな~】ソードアートオンライン 小説11巻感想

タイトルにも書いた通りなのですが、「よくこんな物語が書けるな~」と本当に感心しちゃいました。

やっぱり、小説家ってすごい!!

というよりも、作者の川原礫(かわはられき)さんがすごいんでしょうね。

頭の中で、いろいろな空想をしながら、物語を書いているのでしょうか。

どのようにソードアートオンラインの世界を作り上げているかはわかりませんが、とにかく、アリシゼーション編に入ってから、プロットや設定が神がかってるとしか言いようがありません。

 

これまでのアインクラッド編からマザーズロザリオ編までを見ても、そこで生み出される物語に泣いて感動したり、戦いに熱くなったり、ちょっと大げさですけど、生きるとはなにかとか、人を愛することとは何なのか等を学んだりしました。

 

アリシゼーション編はそれらと同等か、もしくは超えてくる勢いです。

ソードアートオンライン小説11巻、アリシゼーションターニングは、ソードアートオンラインが好きな方であれば、マストで読んでもらいたい巻ですね。

 

小説の前半はユージオに泣かされ、後半ではアンダーワールドという仮想世界の成り立ちが描かれています。

私は、アンダーワールドの成り立ちを読んで、小説家って本当にすごい、こんな世界を生み出せるなんて!って思ったのです。

 

アンダーワールド人にとっての神は、その世界を作り出したキリトやアスナたちがいる現実世界の人々ですが、小説内の人間にとっての神は、それこそ川原さんなのでしょう。

 

私はいちおうそれなりに多くの小説を読んできたつもりですが、ソードアートオンラインの小説が一番面白いと本気で思います。

 

ここまで感情を揺さぶられる小説はほかに見当たりません。

小説11巻を読んでいない人からすれば、「この人何言ってるんだろ!?」なんて思われるでしょうが、1度読んでもらえれば、私の気持ちをわかってくれる人は必ず1人はいるはずです。

 

アリシゼーション編がはじまったソードアートオンライン9巻から、その世界観に驚きっぱなしですが、それを超えてきたところがすごいと思います。

 

さて、キリトとユージオはこれから先どうなるのか、11巻の感想はまた別の記事に。

ソードアートオンラインの小説をいますぐ読むなら

 

 

ソードアートオンライン 小説11巻~アリシゼーション・ターニング感想

ユージオオオォォォーーーーー!!!

 

ソードアートオンライン小説11巻の感想は、こんな感じです。

おそらく、読んだ人はみんなこう叫ぶはずです。

 

アリシゼーション・ターニングという名前だけあって、ターニングポイントになっている巻です。

 

 

もう一回叫ばせてください・・・

ユージオオオォォォーーーーー!!!

 

おまえは、正しいことをした!

なにも悪くない!たとえ、禁忌目録に反したとしても関係ない。

ティーゼとロニエのために、正しいことをしたんだ!

 

自分泣きました。

 

ライオス、ウンベール、ふざけるな!

 

もし、ソードアートオンラインの小説を読み始めたとしたら、必ずこの11巻までは見て下さい。

 

キリトもアスナもいない、2人の主人公格がいない。

そんな状況で、ここまで感情がゆさぶられるとは思ってもみませんでした。

 

とにかく、この巻はたくさんの人に見てもらいたいですね。

 

アリシゼーション・ターニングの前半部分でいいたいことは、これだけです。

 

ソードアートオンラインの小説をいますぐ読むなら

 

【キリトの涙の意味】ソードアートオンライン 小説10巻感想

ソードアートオンラインの小説、アリシゼーション編に入ってから2作品目の10巻。

キリトとユージオがなぜこのような旅をしているのか、なぜ田舎の村の木こりのままじゃいられなかったのか、小説を読んでいる方はお判りだと思いますが、

キリトとユージオで、道中は同じであれ、最終目標が違うということに注目してみましょう。

 

キリトは、重要な記憶が欠損しているものの、アスナたちのいるリアルワールドに帰還することが第一目標となっています。そのためにセントラルカセドラルを目指しています。

 

ユージオは、幼いころに整合騎士に連れ去られてしまった幼馴染のアリスに再開するため、セントラルカセドラルを目指しています。

 

実はキリトはアリスと会ったことがあるのですが、このあたりのお話は小説を読んでいただきたいです。

 

もしかすると、今は大親友のこの二人が、最終目標の違いによって仲たがいしてしまう日が来てしまうような、そんな予感がしてなりません。

 

たとえば、どちらかの願いしか叶えられない、こんな2択がでてきたらどうなるでしょう。物語によくある展開ですよね。

たとえばの話ですが、もしこうなったとき、キリトはアスナのいるリアルワールドに帰ることを選ぶのか、それともユージオやアリスのいるアンダーワールドで過ごすことを選ぶのか、すごく興味があります。(※勝手な妄想です)

 

現に、キリトが心の中で思った、俺の中にある帰りたいという渇望の熱が、日々少しづつ薄れていると思えるのは錯覚だろうか・・・

という言葉のなかに、いろいろな感情が詰まっていると思います。

 

あと、キリトはこのソードアートオンライン10巻で泣いてるんですよね。

もしキリトが、リアルワールドの人間がキリト以外誰もいないアンダーワールドでの出来事を、ある意味でフィクションみたいな世界だと思っていたら、

嫌な奴らに多少何かされたとしても涙までは流さないと思うんです。

別にほっとけという感じで。

 

でも、アンダーワールドですでに2年間過ごしている。

これは、ソードアートオンラインのアインクラッドで過ごした時間と同じだけの期間です。

おそらくですが、キリトはアンダーワールドを自分の居場所だと考え始めているのかもしれません。

純粋にこの世界を見ていたい、こう述べていますが、実のところ、この世界でユージオやそのほかの仲間たちと過ごす日々を捨てられなくなってきているのでしょう。

 

この10巻のアリシゼーション・ランニングで見せたキリトの涙は、こんな意味合いがあるのではと考察します。

正直、私も小説を読みながらキリトと一緒に泣きましたけどね。

でもリーナ先輩本当によかった~。

またリーナ先輩と再会して欲しいです!

 

ソードアートオンラインの小説をいますぐ読むなら

 

 

ソードアートオンライン 小説10巻~アリシゼーション・ランニング感想

ソードアートオンライン小説10巻も、見どころ満載でした!

 

アスナ、ユイ、シノン、リーファが大活躍!!

とうとう実現!?アスナ対茅場晶彦の元カノ・神代凛子直接対決!

加速世界とアンダーワールドの全容!作られた理由

祝!キリト帝立修剣学院入学!

キリトとユージオの青春学院生活!貴族生徒からの陰湿ないじめ↓↓↓

リーナ先輩との絆!

学院最強のウォロ主席との一騎打ち!

 

本当に、ソードアートオンラインの著者である川原礫さんは話の作り方が天才的ですね。

学院の作りなども細かく書かれているので、あたかも自分がキリトと一緒に学院生活を送っているような気になります。

学院には学食があったり、体育館のような道場があったり、キリトが寝起きする寮があったりするので、本当の学園生活のようです。

小説のいいところは、文字からいろいろと想像できるところなんですよね。

 

そして、アンダーワールド内にも、貴族という身分の位があるということが10巻で紹介されています。

 

貴族の位は1等爵士から6等爵士まであり、一番初めにキリトがいたザッカリア領を統治している貴族は5等爵士でした。

もっといえば、キリトとユージオは、5等爵士の領内の小さな村のただの木こりでした。

 

帝立修剣学院には、3等爵士、4等爵士という貴族の中でも上位の親を持つ生徒がいて、初期のハリーポッターのドラコみたいないじめっ子も存在します。

 

貴族から見れば、元木こりという身分は平民も平民、しかも、3・4等爵士から見れば、5・6等爵士も見下す対象で、貴族の中でも差別が存在します。

 

学院にいる同学年の生徒120人も、そのほとんどが貴族の息子、娘さんたちです。

平民出の生徒もいますが、やはり3等爵士を親に持つやつから見れば、貴族でもない、小さな田舎の村の元木こりなんていうのはいじめの対象です。

 

正直、読んでてむかつきましたよ。

おまえだよ、おまえ!ライオスとウンベール!!

 

どこにでもこういうやつはいるんですね。

もちろん、キリトはやられっぱなしのキャラじゃありません。

正々堂々と、打ち負かして欲しいです!

 

ここでふと、アンダーワールド内の住民は、キリト以外のすべてがAI<人工知能>だということを思い出す私。

もうこれ、AIじゃないですよ。いい人たちも悪い奴も、完璧に人間ですよみんな。

 

ソードアートオンラインの小説をいますぐ読むなら

 

【目頭が熱くなる】ソードアートオンライン 小説9巻の感想

ソードアートオンライン小説9巻、アリシゼーションビギニングの感動ポイントを独断と偏見で述べます。

 

まず、キリトとアスナの絆の深さ、これが分かる巻になっています。

アスナだけじゃなく、ユイ、シノンを見ても、いつも行動を共にしているパーティーの絆がどれだけ深いものかを知ることができます。

本当に、いろいろありましたもんね。

SAO、ALO、GGOで乗り越えてきた絆は、そうそう崩れるものじゃありません!

 

キリトの体のリアルタイムの状況(脈拍と体温)が、アスナのスマートフォンでリアルタイムで見れるというのは、かなり笑いました。

これには事情があるんですけどね。

これを見ながらニヤニヤしているアスナさん、最高です。

しっかりとシノンがツッコミを入れてましたが。

 

そして今回、AI<人工知能>が一つの大きなテーマになっているのですが、アンダーワールド人と対比して語られるのがユイという存在です。

ユイは、トップダウン型AIと呼ばれ、基本的には、データの蓄積によって限りなく人間に近づけようとするAIなのですが、アンダーワールドの住民は、ボトムアップ型AIと呼ばれ、普通の人間と変わらない感情を持つと言われます。

このトップダウン型AIとボトムアップ型AIの違いや、どのようにしてボトムアップ型AIを作り出せたのかは、是非とも小説9巻で見てもらいたいポイントです。

 

ユイは、アスナに「人工知能と言うのはどういったものなの?」と質問されたとき、

「それをわたしに聞きますか?ママ。」と言います。

 

これは小説に書いてあるわけではないのですが、おそらくユイは、自分がトップダウン型AIということに一種のさみしさを覚えているのではと思います。

自分もボトムアップ型AIであれば、データの蓄積の中から言葉チョイスするのではなく、自分の言葉でキリトやアスナに自分の想いを伝えられるのに・・・

もしこう思っているのだとしたら、ユイちゃんホントかわいそうです( ノД`)シクシク…

しかもキリトは、ユイの前ではないですが、「ユイでさえ会話中に反応がおかしいと思うときがある、それがアンダーワールド人にはない」と心の中で思うのです。

おいおいキリトさん、ユイのことちょっと落としすぎじゃないですか!?

と少しイラっとしました。

 

次は<天職>というものについて。

天職は、アンダーワールドの住民すべてに振り分けられた仕事で、一度その天職につくとほとんどの人が一生その仕事をすることになります。

ソードアートオンライン小説9巻の、本当にはじめのほうに出てくるのですが、ユージオは木こりという天職を持っています。

 

しかも、どでかい木を、少しづつ切っていく仕事で、一生かけても切り倒せない木を延々と切る天職です。

ユージオは、この仕事にもちろん誇りを持っていましたが、キリトと出会うことによって、運命が変わります。

この運命が変わる瞬間はとっても感動しちゃいました。

「僕はきっと、キリトのことをずっと待ってたんだ」

というようなことを言うのですが、これには目頭熱くなりました。

 

ソードアートオンライン小説9巻には、新しい章の大きな展開、新しい仲間との出会い、今までの仲間たちとのきずな、アンダーワールドでの初バトル、さあ冒険のはじまりだ~というワクワク感など、たくさんの面白い要素がてんこもりです!

 

アニメを見たけど小説には手を出していないという方は、

9巻を見てから、今後の小説を読み続けるかどうかを判断する材料にしてもらいたい。

そしてきっと、ソードアートオンラインの小説の出来がいかにいいかを知ってもらえると思いますし、この先も読みたい!!となるはずです。

 

今回は、ソードアートオンライン小説9巻の感動ポイントをお話させていただきました!

少しでも多くの人に、小説のほうも読んでもらいたいですね。

 

ソードアートオンラインの小説をいますぐ読むなら

 

【加速世界と人工知能】ソードアートオンライン 小説9巻の感想

ソードアートオンライン小説9巻、アリシゼーション・ビギニングの最初の方で語られていることですが、アンダーワールドは、「加速世界」にもなります。

 

このあたりは、小説がすごく面白く、本当に細かい設定があるので、小説9巻は本当に読むことを推奨しているのですが、とにかく、アンダーワールドは、時間の加速が可能です。

 

等倍といって、現実世界と同じスピードでアンダーワールドの時間を経過させることもできれば、1500倍というスピードまで加速できます。

 

もし現実に、時間を加速させられる仮想現実なんかがあったら、みんなそこに入りたがりますよね。

18時間で2年間、勉強や研究などができたら、もしかしたら早い段階でアインシュタインを超えるような天才が現れるかもしれません。

 

もちろん、ソードアートオンラインはフィクションですが、“もしも私たちが住むこの現代に、加速世界やアンダーワールドがあったらどれだけ可能性が広がるだろう”なんて妄想しちゃいます。

 

下手をしたら、今日付き合ったカップルがいて、加速する仮想現実の世界に行き数年過ごし、戻ってきたら別れてる、なんてこともあるかもしれないですよね。

周りからしたら、「昨日付き合ったばっかりなのに、もう別れたのかよ!」なんてツッコまれてしまいそうです(笑)

 

それともうひとつ、アリシゼーション編で重要なポイントは、「アンダーワールド内にいる住民はすべてAI<人工知能>」だということ。

 

こちらも小説の中で早い段階で書かれていることですが、アンダーワールド内にいる人々は、NPCとよばれるノンプレイヤーキャラクターはひとりもおらず、すべてが意思を持ったAI<人工知能>になります。

 

そしてこの人工知能は、キリトとアスナの子供であるユイのようなトップダウン型AIではなく、まったく異なるアプローチで生み出されたボトムアップ型AIだというところがミソです。

 

トップダウン型AIと、ボトムアップ型AIの違いは、小説の方で詳しく読んで欲しいです。このAIの考え方、アイデアがとっても面白いんです。

 

この仮想現実内の時間の加速と、ボトムアップ型AI<人工知能>が、今後のソードアートオンラインの小説10巻以降をものすごく魅力的な物語にしてくれます。

 

人間の魂はどこにあるのか、人間の魂(フラクトライト)のコピーを作ることに成功したラースという組織は、何を企んでいるのか、目が離せませんし、アンダーワールドの設定は本当に面白いので、できるだけたくさんの人に見てもらいたい巻です。

ソードアートオンライン 小説9巻~アリシゼーション・ビギニング感想

こちらでは、ソードアートオンラインの小説9巻、アリシゼーション・ビギニング読み終えた全体的な感想を書いていきたいと思います!

 

もしかすると、これまでずっと一緒に旅をしてきた仲間、アスナ、リーファ、シノン、リズ、シリカの面々が、このアリシゼーション編で一度離れることになることに、一抹の不安を感じている人もいるかもしれません。

 

私がそうだったので(笑)。

やっぱり、もうキリトは新しい人間関係を築くよりも、ずっとアスナたちと一緒に冒険してくれと思っていました。

 

小説9巻からはじまるソードアートオンラインのアリシゼーション編は、一度これまでの仲間から離れて、新しい人間関係にキリトが身を置くことになります。

 

過去、アスナがスリーピングナイツに入ろうとしたときも、私は「やめてくれよ~」「男もいるじゃんよ~」って思っていたくらいです。

 

キリトはキリトで、アスナに任せるという方針だったのがますます私の不安をあおりました。

なんだか二人が離れ離れになってしまう気がしたんです。

まあ、そのあとスリーピングナイツのストーリーで号泣しましたけれどね。

 

ということで、人見知りの私は、物語の中だろうと、主人公が新しい人間関係を一から築いていくことに消極的なのです。

 

しかし、それもユージオやアリス、セルカというアリシゼーション編のキャラを目の当たりにして、「キリトともっと仲良くなって欲しい」なんて思うようになっていました。かなりの白状者です。

 

キリトが現在身を置いているのは、アンダーワールドと呼ばれる仮想世界。

今までのSAOやALO,GGOと似て非なる世界で、物には天命と呼ばれる寿命のようなものがあり、ステイシアの窓(SAOでいうメニュー画面のようなもの)で天命の数値を見ることができたり、アンダーワールドの住民は禁忌目録で禁止されていることができないようになっていたりします。

 

また、SAOなどの世界にあった「ペインアブソーバ」という、ダメージを受けたときに痛覚を遮断する機能がアンダーワールドにはなく、傷を負うと、リアルの世界と同じように痛みを感じるのも一つの特徴です。

 

キリトは、アンダーワールド内で、自分の肉がえぐられ、剥がれるほどの深い傷を負うのですが、このときはあまりの痛さに悶絶し、血の泡を吹きながら震えていました。

 

新しい仲間たちと、こういった新しい設定が、アリシゼーション編を面白くしてくれます。

 

あと、アンダーワールド内の人界の周りはものすごく高い山脈に囲まれていて、その外側はダークテリトリーという、人ならぬゴブリンのようなモンスターが闊歩しているという状況が、ちょっとだけ進撃の巨人を連想させます。

 

小さな村の木こりという職業から始まったキリトは、この先アンダーワールド内でどんな冒険をしていくのかがとっても楽しみです。

 

 

ソードアートオンライン小説13巻の感想①

うーん、こんな展開望んでなかった↓

でも面白い!!これだけは言えます。

ユージオが最も恐れていたことは、やはり

「アリスがキリトのことを好きになってしまうこと」

だったのでしょうね。

アドミニストレータは、そこを見逃さなかった。

やはり300百年生きたAIは違いますね。

なんでもお見通しって感じです。

 

でもどうやってアドミニストレータを倒すんだろう!?

これヒースクリフ団長よりも強いんじゃないですか?

アドミニストレータはかなりの権限もちですし。

 

アリスが自身の封印を解いたのは、きっとキリトが近くにいたからでしょう。

キリトは、アンダーワールド人の封印を解くスペシャリストみたいになってます。

これは、ラースの職員が狙った通りなんでしょうね。

それが腹立ちますが。

 

セントラルカセドラルの超高層階から見た夜景はどんだけきれいなんでしょう。

そこで、キリトとアリスは意見をぶつけ合った。

恋愛フラグ立ちすぎですよね。

アリスはこれまでのソードアートオンラインの女の子にはいないキャラだと思いました。

学園にいたら生徒会長とかやりそう。

それで、キリトとアスナがいちゃいちゃしていたら、「学校内で異性同士がくっつくでない!!」とか言いそうです。

学校内でも、キリトに騎士のように振舞えとかいいそうじゃないですか?

でも、そんな生徒会長がいきなりデレる、みたいになったら、すっごいかわいいですね。

これまで以外にも、ソードアートオンラインでは生徒会長系キャラがいなかったので、もし仲間になってくれたら、キャラ被りせず、アリスはとってもいい友達になってくれそうです。

それとも、アスナからキリトを奪っちゃう!?

アンダーワールド内では私が彼女です。なんて展開もありかもです。

ユージオとアリスがくっついて、リアルワールドに2人で来てくれるのが一番いいんですけどね。

とうとうキリト対ユージオという、おそらくアリシゼーション編のハイライトである戦いが始まります。

どちらが勝つのか、ユージオはいち早く元の自分に戻ってほしい!!!

 

 

ソードアートオンライン小説12巻の感想②

ソードアートオンラインの小説12巻の後半で、ファナティオという人物について語らないわけにはいかないでしょう。

整合騎士との戦いに突入したキリトとユージオ。

その中でも、ファナティオとの一戦は目を見張るものがあります。

騎士として、人界をダークテリトリーから守るため、自分を女だと周りに悟られないようにしてきた黒髪の美しい女性です。

キリトにカブトの下の素顔を見られたときに、「私が女だからと、手を抜くのだろう」と言ったファナティオに対し、

がっつり本気で斬りかかるキリトさん流石です。
でも、カブトの下の素顔は、紅をさし、髪をきれいに整えている。

このあたりの感情は、AI<人工知能>の領域を超えている気がします。

その理由も、アリスという、剣にも美貌にも長けた新人整合騎士を意識してのことなのだとしたら、

なおさら、ファナティオは私たち人間と何にも変わらない魂を持っています。
プログラムで動いているトップダウン型AIには、“嫉妬”や“女心”といった感情は生まれないでしょう。

これを言うと、最高とはいえトップダウン型AIのユイには申し訳なく思ってしまいます。

アリシゼーション編以降になるかもしれませんが、いつかユイがトップダウン型の壁を超える日が来ると願っています。

ユイ自身も、自分がトップダウン型AIということに関して、残念で、悲しくて、やるせない感情に近いものを持っていることは明らかです。
ファナティオはお気に入りのキャラになりました。

キリトとファナティオの戦いも、自爆しようとしたファナティオに対してキリトがとった行動も、

かなり感動しましたし、目頭熱くなりました。

是非ともソードアートオンラインの小説12巻をたくさんの人に見て欲しいです!

⇒ソードアートオンラインの小説を今すぐ読む

 

ソードアートオンラインの小説