【生まれて初めての同性の親友】ソードアートオンライン 小説13巻感想

キリトは、ユージオがはじめての同性の親友と呼べる存在だと、心の中で確信しました。

これは、アンダーワールドに来てから、ずっと離れることのなかったユージオと離れたことがきっかけで気づいたことです。

 

 

腹の底をさらけ出せる関係は、ユージオだけだと。

アスナにも言えないような、男同士でしか話せないようなことを、これまでたくさん話したんでしょうね。

エギルやクラインについても言及しています。

彼らは大人だから、自分のような幼稚な性格のやつと合わせてくれている、すごく感謝しているし頼りにしている、というふうに思っているみたいです。

キリトは、ALOでユージオを自分の親友としてみんなに紹介する事が待ち遠しいと思っているのでしょう。

 

「なにをニヤニヤしているのですか」

というアリスの言葉で、ちょっとアリスのこと気に入りました。(何様?)

 

アリスはきっと、シノンやリズあたりと衝突しそうだな、性格的に。

とキリトはアリスを評しています。

ユージオとアリス、2人をALOでみんなに合わせたら、すごく楽しいパーティーになりそうですね。

私もワクワクします。

おっと、でもまだ周りは敵だらけですし、アリスも敵のままです。

気を引き締めないといけないですね!

 

でも気になるのは、キリトとユージオが一時的に離れて、違うことを考えていることです。

 

キリトは、ユージオが自分にとって唯一無二の親友だと再確認しました。

しかしユージオは、キリトを心配しつつも、アリスとキリトが二人きりになっていることに動揺しています。

それは、キリトが簡単にいうとモテるからでしょう。

女の子の懐に入るのがうまい、気に入られることが多い。

アリスも、キリトと行動を共にしたらキリトのことを気に入ってしまうのではないか。

こんな時に考えることじゃないと思いつつも、ユージオの心はざわついています。

禁忌目録を破り、自分の考えや行動に制限がなくなったせいか、ユージオがどんどん人間のようになっていっているような気がします。

今まさに、ユージオに「嫉妬」という感情が芽生え始めています。

ソードアートオンラインの小説の面白いところはこういうところですよね。

 

おそらく、今のキリトがユージオを失ったら、それこそアスナを失うのと同じくらいの心理的ダメージを受けかねません。

そうなれば、生身のキリトが・・・

ソードアートオンラインは、心理描写がとっても面白いです。

アニメもいいですが、やっぱり小説でソードアートオンラインを体験してもらいたい!!

 

ソードアートオンラインの小説をいますぐ読むなら

 

 

【あなたは、僕と同じ人間なんだ】ソードアートオンライン 小説13巻感想

ソードアートオンライン小説13巻の2記事目です。

ユージオ対整合騎士ベルクーリが激突します。

 

 

今度の戦いはなんと風呂場!?

舞台はセントラルカセドラルの上層階にある大きな浴場です。

何十階の建物の上空にあるお風呂、景色も最高でしょうし、一度は入ってみたいな。

とか言ってる場合じゃありません!

とうとうユージオとベルクーリの戦いの幕が切っておとされました。

 

ここではあえて、戦いの様子や決着のことは書きませんが、

ユージオがベルクーリに言ったひとこと。

「あなたは、僕と同じ人間なんだ」

という言葉に注目します。

 

整合騎士は“アドミニストレータのいいように記憶を改ざんされている”ので、

過去の自分の記憶はなくなっています。

 

ユージオ「僕はあなたたちの・・・そういうところが許せないんだ・・・」

この気持ちわかります。

整合騎士は、自分のたいせつなものを忘れ、公理教会に仕える正義の騎士ぶっている。

幼い女の子を連れ去っておいて、そのことすらも覚えていない。

 

おそらく、ユージオは、過去を忘れ、愛する人や愛してくれた人を忘れ、整合騎士として正義の務めを果たしていると、盲目的に信じている彼らに腹が立ったのでしょう。

 

同じようなことで私が腹が立ったのは、キリトとアリスの会話です。

アリスはキリトのことを重罪人だと思っています。

これは、公理教会が定めた禁忌目録に違反したからです。

でも、キリトはロニエとティーゼのことを思いながら、彼女たちがライオスとウンベールにされそうになったことを、アリスに打ち明けます。

それでもなお、アリスは禁忌目録に違反するのはいけないと言ったのです。

アリスの感情はかなり揺さぶられていましたが、それでも禁忌目録違反についてのことを咎めたのは、正直がっかりしました。

 

今後、アリスは、自分を取り戻すのかはわかりませんが、

私は、正直あまりアリスに共感してませんし、ソードアートオンラインに数多く出てくるヒロインの一人だとも思えていません。

 

アスナ、リーファ、シノン、リズ、シリカ、アリシゼーション編では、リーナ先輩、ロニエ、この間のカーディナル・・・

アリスは、自分の中では彼女たちより一歩後退しています。

 

少し話がずれてしまいましたが、自分たちを神の使いで人間を超越した存在であると信じている整合騎士に対して、ユージオは「あなたは、僕と同じ人間なんだ」と言います。

 

この言葉は、まだ学院にいたときに、キリトがユージオに言った言葉でもあるんです。

同じ意味の言葉を発したのは、決して偶然ではないでしょう。

 

おそらくユージオは、もし整合騎士が記憶を取り戻して、自分たちがしてきたことをすべて思い出したら、その時は少しも責めないと思います。

 

思い出してないから怒っている、こういうところがユージオらしいです。(勝手な私の憶測です)

 

ソードアートオンラインの小説は1回だけでなくて何回も読むことで、1度目ではわからなかったことがわかるようになります。

 

そんなところが何回も読みたくなる要因です。

 

ソードアートオンラインの小説をいますぐ読むなら

 

 

 

ソードアートオンライン 小説13巻~アリシゼーション・ディバイディング感想

 

それでは、ソードアートオンラインの小説12巻、アリシゼーション・ディバイディングの感想を書いていきたいと思います。

 

突然ですが、またまたキリトワールド炸裂です。

敵である整合騎士のアリスに対し、キリトはこれまでに落としてきた女子と同じような、いつのまにか相手の懐に入ってしまうキリトワールドを発現させました。

 

もちろん、整合騎士のアリスは、別にキリトに惚れたわけでも何でもありませんが、いつのまにかキリトのペースにハマっているように見えます。

 

私、こういう展開はあまり望んでないです。

だって、ユージオはアリスのこと好きなんですから。

 

キリトはアスナのことが好きなので、そのほかの女の子に対しては友達として仲良くしているだけです。

 

それは、リーファやシノン、リズ、シリカとの関係性を見ても明らかです。

今では、リーファやシノンなど女性陣は、キリトと一緒にいたいというよりも、アスナと一緒にいたいという気持ちでいつも一緒にいると思っています。

 

たまに、キリトと二人になったときとかに、シノンやシリカなどはちょっとしたちょっかいみたいなアプローチはしますが、アスナという存在の方が大きいので、そこまで真剣にキリトを狙っているわけではないでしょう。

 

何と言うか、キリトは女の子との距離を詰めるのが上手いんですよね。

女子に対しても本当に友達として接するから、相手の女の子はグッと心をつかまれちゃうんだと思います。

グッと心をつかまれた後で、アスナという存在を知るんですけどね。

 

まあとにかく、私は、ユージオに幸せになってほしいんです。

キリトとアスナ、ユージオとアリスでいいじゃないですか。

 

この先、アリスがキリトに惚れるという展開はやめて欲しい。

現にユージオは、ハプニングとはいえ、キリトとアリスが一緒に行動することになったことに対して、これまでになかったであろう“嫉妬”という感情を持ち始めています。

 

人工知能が、嫉妬しているんです。

これすごくないですか!?

 

幼いころからずっと好きだったアリスと、唯一無二の親友キリトの間にもし何かあったら、ユージオは二人を祝福するでしょうか?

それとも・・・

 

この先の展開を見てみるとしましょう!!

 

ソードアートオンラインの小説をいますぐ読むなら

 

 

【憎しみじゃあいつには勝てないよ、ユージオ】ソードアートオンライン12巻感想

「憎しみじゃ、あいつには勝てないよ、ユージオ」

 

キリトは、ユージオにこう言います。

ユージオは、整合騎士に対して、「幼いアリスを連れ去った忌むべき相手」という感情を持っています。

逆にキリトは、長ければ百何十年も騎士として生きてきた整合騎士に、ある種の尊敬の念を持っています。

キリトは剣士なので、相手が剣士であれば誰にでもそのような感情を抱くのかもしれません。

男でも、女でも、子どもでも、例え敵でも。

 

整合騎士との戦いが続くソードアートオンライン12巻の後半。

デュソルバート、ファナティオ、敵としてマジリスペクトです。

整合騎士はひとりひとりが個性的でかっこいいですね。

使っている武器や技なども、一色淡ではなくそれぞれの個性があって、しかも、装備している武器にも背景がある。

なので、ソードアートオンライン12巻を見る人には、武器の成り立ちにも注目して欲しいです。

これまで触れてきませんでしたが、キリトとユージオも愛剣を持っています。

キリトは「夜空の剣」

ユージオは「青薔薇の剣」

これらの剣にも、生まれた背景があり、武器の最大の能力を引き出すために、武器の記憶を頼りにして開放していきます。

この辺が、ソードアートオンラインらしいところですよね。

名前に「ソード」が入っているだけあって、剣に関してのこだわりが感じらるんです(^^♪

 

整合騎士を褒めると、ユージオに怒られそうですが、しかしそのユージオも、彼らの背負った剣の重さを知って、涙する場面があります。

キリトとユージオ、そして整合騎士、どちらも悪くないんですよね。

だからこそ、キリトはユージオに

「憎しみじゃ、あいつには勝てないよ、ユージオ」

と言ったのでしょう。

想いが上回った方が勝利する。

こんな現実世界じゃ起こりえないことも、アンダーワールドでは、思いの強さが実際の強さに付加される「心意(しんい)」によって起こります。

 

キリトが整合騎士を敵ながら尊敬している理由は、彼らもまたアンダーワールド人だからでしょう。

そして、心意という強い思いが具現化する世界で戦う人たちをみて、キリトはアンダーワールドと、そこに暮らすアンダーワールド人を心から尊敬しているのだと思います。

(実際には言っていません、私の憶測です)

 

私は、キリトとユージオ、整合騎士たちの熱い戦いを見ながら(読みながら)、本当はどちらにも負けて欲しくないです。

 

デュソルバートやファナティオは、人間的にも魅力的です。

フィゼルとリネル、この二人も、本当は憎むべき相手ではないんですよね。

悪いのはやっぱりあいつだと確信します。

読みながら、セントラルカセドラルてっぺんにいるアドミニストレータへの怒りがふつふつと湧いてくる章です。

 

武器のかっこよさ、整合騎士の誇り高さ、キリトとユージオの絆の強さ・・・

ソードアートオンライン12巻の後半も、目が離せない展開目白押しです!

 

ソードアートオンラインの小説をいますぐ読むなら

 

 

【整合騎士との戦い】ソードアートオンライン 小説12巻感想

とうとう本格的に、整合騎士との戦いがはじまりました。

ソードアートオンラインの小説は、戦いの描写が本当に細かいんです。

おそらく、アニメ化してしまえば数秒で終わってしまうであろうと考えると、とっても残念です。

もちろん、流れるようなアニメーションと音楽、声優さんたちの演技を見るのはそれはそれで楽しいのですが、この小説版の戦いの描写は是非とも見て体験してもらいたい。

ソードアートオンラインのアニメ版はバトルが派手で見ていて飽きませんが、これらは小説での細かい描写があってこそなんだと思います。

キリトとユージオには達成しなくてはならない目標がありますが、整合騎士たちも背負ったものがあります。

お互いに負けられない戦いを見るならば、戦っている最中の気持ちや思いを知るのであれば、やっぱり小説がいいです。

あの日、連れ去られたアリスを見ている事しかできなかったユージオが、自分の剣に何を乗せるのか。

とってもとっても熱い戦いが繰り広げられます。

 

ソードアートオンラインの小説をいますぐ読むなら