ストレスは抜け毛の大敵

ストレスをバカにしてはいけません。
脳がストレスを感じてしまうと、交感神経が強く緊張してしまいます。
その結果、血管が圧縮されてしまうのです。

抜け毛の大敵である、血行不良を起こしてしまいます。
フィンジアの効果的な使い方というのは、なるべく体の血行をよくして、フィンジアを使うということです。

では、ストレスを感じないためにはどうすればいいのかというと、
「あまり深く考えないようにする」
というのがコツです。

僕自身は、神経質でストレスを感じやすい性格でしたが、27歳の若さで薄毛になってしまいました。
一度薄毛に対してバカにされたら、ずっとそのことを考えてしまい、さらにストレスとなって抜け毛が増える。
という悪循環に陥ってしまったのです。

どうすればいいのかというと、「あまり深く考えないこと」です。
フィンジアの使い方のブログで、ストレスの話は合わないと思う人もいるかもしれないですが、
少し耳を傾けて欲しいです。

あまり深く考えないということは、すごく重要なことです。
誰がああ言った、彼にこう言われた、将来禿げるのではないか…
こういうことを、考えすぎないということです。
そうすれば、ストレスの連鎖は止められます。

フィンジアの効果的な使い方を覚えていって、ストレスを感じないようにする方法を知っていくことで、
フィンジアと自分自身の髪を生やそうとする力を最大限に引き出すのが目的です。

ストレスをあまく見ないでくださいね。

フィンジアの使い方トップ

フィンジアのおすすめの使い方はこうだ!

フィンジアのおすすめの使い方とは、フィンジアの力と、自分の体が髪を生やそうとする力を最大限引き出す方法です。

そのために必要なことは、自分自身の生活環境の改善です。

フィンジアだけをいかにうまい使い方をしたといえど、自分の悪習慣などでダメにしてしまうことがあります。

例えば、フィンジアを使っているけれど、毎日の睡眠が3時間とか、

食事は3食全部外食をしているとか、寝る前にお風呂に入らず朝風呂をしているとか、

いつも帽子をかぶっていたり、大量に整髪料を付けていたり…

このような生活を送っていると、フィンジアの使い方を知っても、その効果を十分に受けられない可能性があります。

抜け毛に困っている人にとって重要なのは、全身の血行不良を改善する事です。

そのうえで、頭皮の清潔を保ったり、塩分を控えた食事をしたり、睡眠を十分にとったりすることが非常に大事です。

僕自身も、フィンジアを使い始めてから自分の生活環境を見直して改善しました。

必要なのは、複合的に薄毛を改善していこうとする気持ちです。

フィンジアだけを使えば髪は生えてくる!と思い込んでいる人ほど、はじめの数週間だけ使って「フィンジアには効果がなかった」と言ってしまうのかもしれません。

がんばって、フィンジアと一緒に、生活習慣を改善していきましょう。

ここからは、フィンジアの賢い使い方の一例を書きますね。

フィンジアを使う際に同時進行でやっていきたいことです。

僕が薄毛になった原因を“やらない”ことが重要になります。

髪の毛に栄養を運ぶのは血液です。
全身の血行を良くして頭皮にも血液を送るために…

入浴はシャワーだけでなく湯船に浸かる
柔軟体操をして体を柔らかくし、筋肉の硬さをとると全身の血行が良くなる。
軽いランニングでも、筋肉を動かすので血行がすごくよくなる。
ふくらはぎマッサージで下半身の血液をポンプの様に心臓に戻す。

フィンジアの使い方を学ぶ上でこういったことが大事になってきます。

この他にも、フィンジアの賢い使い方として、食生活を改善することがあります。

外食ばかりしていると、どうしても塩分の摂りすぎになってしまいます。
塩分の摂りすぎは、とにかく髪に悪いので、できるだけ自炊するよう心掛け、
その際も塩の入れすぎには注意しましょう。

あと、外食ばかりだと太りやすくなってしまいます。
栄養が偏った状態で太ってしまうと、血液がドロドロになりますし、頭皮に皮脂がたまりやすくなります。

フィンジアの賢い使い方をするためには、塩分の摂りすぎと太ることに注意してください。

僕は一見細く見えるのですが、脱ぐとお腹周りがでているという、とてもかっこの悪い肥満でした。
そういった生活の中で、抜け毛が増えて薄毛になってしまいました。

『睡眠』もフィンジアの賢い使い方に影響してきます。
髪の生成が活発になる、成長ホルモンが一番出るのは夜の10時から深夜2時となっています。
できればこの時間帯に寝て、睡眠時間も6時間はとりたいところです。

フィンジアのおすすめの使い方ブログを書いている今では、僕は睡眠を6時間ほど取っていますが、
薄毛になる数年前から、深夜2時に寝て朝の5時に起きるという、1日3時間睡眠で生活していました。
今では、なるべく夜11時から朝5時まで寝るようにしています。

フィンジアを使うのに、私生活まで変えるのかよ!とびっくりするかもしれませんが、
これらのことをやりつつ、フィンジアを使うことが、僕のフィンジアのおすすめの使い方です。

この方法で、僕の毛根と毛穴が明らかに太くなった実感があります。
こうなってくると、髪のボリュームが全然違うように見えるでしょう。

血行不良改善、塩分過剰摂取の改善、睡眠の改善…

フィンジアを使うならば、この記事に書いてあることも、是非実践してみて下さい!

このフィンジアブログではフィンジア以外の薄毛予防も書いています。

当フィンジアのブログでは、フィンジアを使う以外の薄毛予防法を、僕の薄毛失敗談を元に書いています。

先に、フィンジアのブログなので、その効果を書きますと、

フィンジアを使って半年で、毛根が太くなった実感があります。

僕は以前、引きこもり状態になっていた時に髪を剃ったのですが、

完璧に薄毛になるまえに剃ったので、毛根部分は青いです。

ですが、前から髪が薄かった部分であるおでこの両端と後頭部から頭頂部は肌色で薄毛っぽい感じがあります。

この薄い部分に、短くて細い毛ですが新しく生えてきました。

あと、全体的に毛穴が太くなったので、薄毛っぽさがなくなってきています。

ということで、僕はフィンジアに非常に満足しており、この先も使い続ける予定です。

今回、フィンジアブログのテーマは、「適度な運動」です。

僕はこの適度な運動をしなかったために、全身の血行が悪くなって抜け毛に繋がってしまったのだと思っています。

なので、あなたには僕の失敗談を反面教師にしてもらい、適度な運動をしてもらいたいのです。

今では、僕自身も適度にジョギングをするようになりました。

歩きながらでもジョギングをすることで、全身の筋肉を使うことになるので、

筋肉の中にある血管が刺激され、血液が循環します。

フィンジアのブログなのに、適度な運動のことを書いているのはおかしいかもしれませんが、少し耳を貸してください。

とにかく、頭皮に栄養を運ぶのが血液なので、頭皮の血行不良、全身の血行不良は避けたいのです。

はじめは、週に一回1時間ほどのランニングでも十分です。

久しぶりに走る人ほど、いかに自分の体が重くなっていて、筋肉を使っていなかったかが分かります。

特に、デスクワークの仕事をしている人は、ストレスもたまりやすいですし、運動不足になりがちなので、ランニングはおすすめです。

フィンジアブログを見てもらってフィンジアを始めるならば、他にも体にいいこと、毛根にいいことをしていって、

フィンジアの力も、自分の髪を生やす力も十分に発揮していきましょう。

フィンジアが効かないと言っている人の特徴

フィンジアが効かないと言っている人は、いくつかのフィンジアレビューブログを見てきて目にしました。

その人たちは、フィンジアをどのように使い、私生活はどうだったのかまでは書いていなかったので、

もしかしたら髪に悪いことをしているのに、フィンジアが効かないと言っているのかなとも思いました。

また、僕の場合はフィンジアを半年間使い続けていますが、はじめの3ヶ月くらいはそこまで効果を実感できませんでした。

もしフィンジアを2ヶ月でやめていたら、「フィンジアって効かないよ!」と思ったかもしれません。

ある程度の期間は使い続けることが肝心で、そのうえでフィンジアは効かないと言って欲しいところですね。

話を戻しますが、たとえば、僕自身が過去そうだったのですが、整髪料を使いすぎる人はハゲやすいです。

髪が細くて天然パーマだった僕は、たくさん整髪料をつけないと髪が立たなかったため、整髪料を多めにつけていました。

ジェルやムースで髪を固めて、オールバックにしていたのですが、今となってはやめておけばよかったと後悔しています。

フィンジアが効かないと言っている人の中には、僕の様に昔からたくさん整髪料を付けてきて、今でもそれが変わっていない人なのかもしれません。

汗で整髪料が溶け出して、頭皮に流れ込むと考えると、かなり不潔ですし、汗や皮脂、整髪料の成分などが頭皮にダメージを負わせます。

もし、昔に戻れるならば、僕は整髪料はなるべく使わずに、使ったとしてもワックスで頭皮につかないように使うと思います。

今回のテーマは、「フィンジアを効かないと言っている人は、整髪料を使いすぎていないか」でした。

あなたも、整髪料の付けすぎには気を付けて下さい。抜け毛が増える可能性がありますよ!

フィンジアの正しい使い方を知るだけでは不十分

フィンジアの使い方を知るのは非常に大事ですし、フィンジアの効果は僕は体験済みですが、

できればフィンジアの使い方以外にも目を向けて、自分の私生活を改善する事にもチャレンジしてみて下さい。

例えば、「睡眠」です。

あなたは寝るということを真剣に考えたことはありますか?

人は寝ているときに、一番髪を育てます。

そして、成長ホルモンが一番でる髪のゴールデンタイムのような時間帯があります。

それが夜の10時から深夜2時の間です。

フィンジアの使い方が正しくても、フィンジアを使い続けていても、私生活で髪に良くないことばかりやってしまっていたら、フィンジアの力や、自分が髪を生やす力を十分に発揮できないでしょう。

仕事でその時間帯に寝られない人や、睡眠時間がなかなか取れないという人も、できるだけ睡眠時間をとるようにしてください。

そうでないと、僕の様に20代の後半で薄毛に悩まされることになります。

かなり悲惨ですよ~。

今ではなるべく11時に寝て、朝の5時まで寝るようにしています。

運送業なので、朝は少し早いですが、6時間寝るように頑張ってるかたちです。

 僕は20代の前半から仕事ばかりしていて、1日の睡眠時間が3時間から4時間くらいだったので、これが抜け毛に拍車をかけたのだと思います。

いまでは、フィンジアを正しい使い方で続けながら、睡眠時間に気を付けて生活しています。

このように、フィンジアを使いつつ、髪にいい他にできることもやっていきましょう!

フィンジアのブログをたくさん見てみた結果

フィンジアのブログをネット上でたくさん見てみたら、ある傾向があることがわかりました。

フィンジアは毛髪系の商品です。

育毛剤や、スカルプ系シャンプー、育毛系サプリなどは、ジャンル全体でネガティブな意見が先行してしまうイメージがあります。

でも、フィンジアについて書かれているブログでは、いい意見と悪い意見がそんなに違わない数だったと思います。

これだけでもすごいと思いました。

僕も他の人と同様に、フィンジアを買う前にいろいろ調べてみたのですが、

この半々の意見、又は、いい意見の方が多いくらいのレビューをみて、

「自分でもできるんじゃないか…」と思えたので、フィンジア購入に至り、今フィンジアのブログを書いています。

半年間フィンジアを使い、毛根が濃くなったという実感があり、細くて短い毛ですが生えてきました。

フィンジアのブログの中で、よくない意見を書いている人は、フィンジアを使っている期間が短い傾向にありました。

さすがに、フィンジアがいいと言っても、使って数日で変化が起こるようなことはないと思います。

少なくとも、フィンジアを数か月使うくらいの気持ちで始める方がいいでしょう。

フィンジアのブログを見て、いい意見を書いている人は、やはりある程度の期間使い続けている人たちでした。

全員が全員使って効果のあるものではないと思いますが、僕はフィンジアの意見が半々の時点で使ってみる価値があると思えたのです。

フィンジアのブログに書いてあることを参考にする場合は、その人がどれくらいの期間、フィンジアを使ったかも参考にしましょう。

フィンジア ブログ

フィンジアは効かないのか?半年使ったレビュー

フィンジアは効かないのか、それとも効くのか、僕がフィンジアを半年間使って気づいたことをレビューします。

フィンジアを使い始めて3ヶ月くらいまでは、髪に主だった変化は起きなかったように思います。

ですが、3か月を過ぎて6ヶ月使い続けたら、毛根が太くなったという変化が起きました。

僕は以前、薄毛をバカにされ続けたことが原因で引きこもりになったり、うつ病みたいになったときに、髪の毛が嫌になって剃ってしまいました。

ですが、髪を剃ったときに毛穴の青い部分が残りますよね。

僕は薄毛が進行しすぎる前に髪を剃ったので、毛根の青い部分が残っていました。

ですが、剃る前から薄い部分、おでこの両端と頭頂部・後頭部はやはり薄毛だという感じがしてしまいました。

フィンジアを使い続けたのは、毛根の範囲を広げたかったのと、毛根を濃くして、青い部分を濃くしたいと考えたからです。

そんな僕ですが、フィンジアには非常に満足していて、毛根が濃くなったという実感があります。

フィンジアを効かないという人は、おそらく、フィンジアを使う期間が短いのではと思います。

僕でさえ、3ヶ月は変化が起きなかったので、3ヶ月未満で使うのをやめていたら、

フィンジアは効かない…という結論だったでしょう。

少なくとも、数か月間は使った方が、フィンジアの本当の効き目が分かると思います。

もちろん、100人やって100人がうまくいくものでもないと思いますが、

それでも、可能性があるならばチャレンジしてみる価値はあるのではないでしょうか。

フィンジアが効かないと言っている人のもう一つのタイプは、

薄毛が進行しすぎている人かもしれません。

僕はまだ髪を剃っても青い部分が残っていましたが、まったく青い部分(毛根)のない、

薄毛の進行が進んでいる人は、フィンジアが効かないと言っている人が多かった印象です。

なので、使い始めるならば、早い方がいいのかなと思います。

将来が不安だから、今は全然ハゲていないけれど、フィンジアを使ってみる、これは全然アリだと思います。

最近抜け毛が増えてきたから、フィンジアを使ってみようかな…

くらいの人でも、使い始めるにはいいのではないでしょうか。

もちろん、僕と同じくらいの薄毛進行度の人も、試してみる価値はあると思います。

今回は、フィンジアは効かないという人のタイプを2つ紹介しました。

参考になればと思います。

フィンジアは効かない

フィンジアの使い方を自分なりにご紹介!

僕自身のフィンジアの使い方をご紹介します!

人によって髪の毛の薄い部分が違うので、フィンジアの使い方も人それぞれだと思いますが、

僕は、自分が薄いと思う部分、おでこ両サイドと後頭部と頭頂部4か所に2かいづつ、計8回ほど吹きかけています。

ですが、そのほかの部分も抜け毛が心配なので、正直全体的に吹きかけている形です。

あと、僕はフィンジアは毛髪トニックしか使っていません。

サプリメントにはちょっとトラウマがあって、シャンプーは、僕は髪を剃っているので使ってもあまり意味がないと思っているからです。

「ん??髪を剃ってる??」

こう思われた人もいるでしょう。

髪を剃っているやつのフィンジアの使い方を教えてもらっても意味ないぞ…

そんな声が聞こえてきそうです。

僕は20代の後半で薄毛になり、人からからかわれたりいじられたり、馬鹿にされたりしたことで、

仕事以外では引きこもり状態になり、対人恐怖症みたいになってしまいました。

そのストレスから、自傷行為なのか、髪を剃ったんです。

まだ完璧にハゲる前に剃ったので、毛根の青い部分は残っていますが、先ほど言った薄い部分、

おでこの両端と、後頭部と頭頂部には毛根がなく見えるので、これを改善したかったのです。

実際に、フィンジアを上に書いた使い方で半年間やり続けて、短くて細い毛ですが、髪が生えてきました。

そして、全体的に毛根と毛穴が太くなった感じがあり、

薄毛感が減ったように見えます。

これは、友人にも言われた事なので、自分だけ思っているわけではないでしょう。

フィンジアの使い方を紹介する中で、どのようにフィンジアを吹きかけるかもそうですが、

あなたに知ってほしいのは、使い続けるほうが効果を実感しやすいということです。

1週間フィンジアを使って、「髪が生えてこないからやめよう」ではなく、

3ヶ月から6ヶ月程度は使い続けて欲しいですね。

そうすることで、自分の髪に変化が起きました。

フィンジアの使い方自体は難しいものではありませんが、使い続けることが重要だと思います。

まだ髪がフサフサでも、将来的に薄毛が心配だという人は、もうフィンジアを使い始めていいと思います。

また、僕の様に、髪を剃っている人でも、毛根を濃くしたいという人は、フィンジアにチャレンジしてみてもいいでしょう。

今回はフィンジアの使い方についてお話ししました。

参考になれば幸いです。

フィンジアの使い方

今こうやってフィンジアのブログを書いていますが…

僕は20代の後半から薄毛になり始めたいわゆる若ハゲというやつです。

当時から、人にいじられるようになり、ハゲと冗談でバカにされるようになりました。

もともと神経質だった性格もあり、人と会うのが嫌になってしまいました。

今ではフィンジアのブログをこのように書いていますが、当時は本当に悲惨な状態だったと自分でも思います。

引きこもりになって、対人恐怖症になって、うつ病になりました。

外に出て友人と遊ぶことをせず、家でテレビを見てばかりの生活でした。

フィンジアを使い始めてブログを書き始めたのは数か月ほど前からです。

きっかけは、自分の髪のことをやはり諦めきれないと思ったからでした。

ネットを見ていたら、たまたまフィンジアの公式サイトにたどり着き、

その後、自分以外の人が書いたフィンジアブログを参考にさせてもらいながら、

「これなら僕でもいけるかも!」と希望が持てるようになりました。

フィンジアは、頭皮に吹きかけて揉みこむだけですが、

他にも自分の悪い習慣を改善していきました。

食生活、タバコ、運動不足、柔軟体操、ストレス発散など、

思いつくことはほとんどやってきたように思います。

なので、このフィンジアブログを見ている皆さんも、フィンジアを使うだけでなく自己改善をしてみることをおすすめします。

フィンジアを使うということをきっかけに、自己改善して自分の持っている髪を生やす力と、フィンジアの力を最大限引き出していきましょう!

フィンジアのブログ