フィンジアの正しい使い方はこうだっ!!

僕なりのフィンジアの使い方を提案しているブログです。20代の後半で薄毛になって、37歳で復活し始めたフィンジアの効果的な使い方とは!?

フィンジア自体の使い方は、おそらく僕もあなたも大きく変わらないでしょう。

髪が薄いところに重点的に吹きかけて、抜け毛を減らすために全体的にも吹きかけて…という感じです。

しかし、そのほかの所で、僕と他のフィンジアユーザーとの違いがあります。

たとえば、フィンジアの使い方の違いの一つに、フィンジア使用後の頭皮マッサージのやり方があります。

僕は昔、頭皮マッサージを自己流で血から強くやりすぎて、抜け毛が増えて頭皮が赤くなってしまった経験があるので、

ある程度頭皮マッサージのやり方を勉強してから始めました。

フィンジアの賢い使い方とは、本屋さんで頭皮マッサージの書籍を買ったり、youtubeなどの動画である程度やり方を知ることです。

自己流でやるのではなくプロの真似をする、ということが重要だと思います。

他にも、僕と他の人でフィンジアの使い方に違いはあります。

フィンジアに頼りすぎるのではなく、フィンジアを使うのと同時に自分の生活習慣を良くしていくということです。

フィンジアの使い方の違い~その1

  • 全身の血行を良くして、結果頭皮の血行を良くする。
  • 入浴はシャワーだけでなく湯船に入ることで血行を良くする。
  • 体が硬いと筋肉内の血管が圧迫されて血行不良になるので、柔軟体操で体と筋肉を柔らかくする。
  • 第二の心臓と言われているふくらはぎを下から上に揉むようにマッサージして、全身の血行を良くする。
  • ジョギングなど適度な運動をし、全身の筋肉を動かすと血行がよくなる。
  • これらのことをすることで、頭皮の血行が良くなる。

フィンジアの使い方の違い~その2

  • 食事に気を付ける~抜け毛の原因となる塩分の摂りすぎに注意する。
  • 外食を控えて食生活を変える。外食でとる食事には塩分がかなり入っている。
  • 自炊できる人は自炊し、その際も塩分をなるべく抑える。
  • 僕的おすすめの食べ物
  • 納豆にタバスコをかけたもの
  • 味噌汁
  • 豆腐などの大豆系の食べ物

フィンジアの使い方の違い~その3

  • 頭皮環境を常に清潔にすることを心がける。
  • 帽子をかぶりすぎない
  • 整髪料を使わない
  • 使うならワックスなどを頭皮につけないように使う
  • 頭皮は顔の3倍も紫外線を浴びているので、紫外線に気を付ける。
  • (帽子をかぶらないと矛盾するかもしれないが、時と場合によって使い分ける)
  • 抜け毛を気にするのであれば、海水を浴びないようにする。
  • サーフィンなどのマリンスポーツはやめることも検討

フィンジアの使い方の違い~その4

  • 睡眠時間と睡眠の時間帯に気を使ってみる。
  • 髪が生成されやすくなる成長ホルモンが一番出る時間帯、夜10時から深夜2時にできるだけ寝るようにする
  • 1日の睡眠時間が3時間~4時間だと少なすぎるので、できれば6時間以上は睡眠をとる
  • 寝る前にお風呂に入って頭皮を清潔にしておく。

主に、以上の4つになります。
僕のフィンジアの使い方は、上に書いたことを実践しながらフィンジアを使うことです。

これにより、フィンジアの力と、自分の体が髪を生やそうとする力を最大限に引き出せると思います。
もし、これからフィンジアを使おうと考えている人は、上に書いたことも同時に実践してみて下さい。

僕は、この方法で毛根と毛穴が太くなり、これまで薄かった部分にも細くて短い毛が生えてきています。
そして、フィンジアを最安値で購入するならば公式サイトになります。
是非ともチャレンジしてみましょう!!

追記
フィンジアを発売しているホソカワミクロン株式会社は、大正5年の創業から100周年を迎えた東証一部上場の会社なので、
どの会社が作っているのかわからないような育毛系商品よりも、よほど信頼感はありますね。

僕なりのフィンジアの使い方を提案しているブログです。20代の後半で薄毛になって、37歳で復活し始めたフィンジアの効果的な使い方とは!?

抜け毛を減らしたいなら適度な運動を~フィンジアの使い方

トップページにも書いてありますが、抜け毛を減らしたい、薄毛対策をしたいのであれば、

全身の血行を良くすることは必須です。

このことは、結果的に頭皮の血行不良を改善し、他の病気にも強くなります。

全身の血行を良くする方法はいくつかあるのですが、今回は『適度な運動』です。

血行不良は筋肉が硬くなると起こります。

筋肉の中に血管が張り巡らされているからです。

血管が圧迫されて血行が悪くなるならば、筋肉をほぐす、柔らかくすることが重要です。

フィンジアの賢い使い方とは、全身の筋肉を動かして血行を良くすること。

ジョギングなどをしてお風呂に入って、フィンジアを使うことが、効率のいいフィンジアの使い方と言えます。

僕は若ハゲでかなり悩んだのですが、就職してから仕事が忙しいという理由で、

全然運動をしなかったので悔やんでいます。

なのでみなさんには、はじめは週に一回、30分のランニングからでも始めてもらいたいのです。

全く運動をしないのと、週一でも体を動かしているのとでは、筋肉の硬さが全然変わることでしょう。

全身の筋肉を柔らかくして、筋肉を動かすことで血行を良くし、そのうえでフィンジアを使ってみましょう。

これが賢いフィンジアの使い方のひとつです!

ちなみに僕も、今では最低週1回1時間ほどのランニングをしています。

そうやりながらフィンジアを使って薄毛を改善しています。

みなさんもこの方法を試してみて下さい!

抜け毛を減らすためのドライヤーの仕方

僕なりのフィンジアの賢い使い方は、フィンジアを使う以外でできることを精一杯やることです。

これらのことは、僕が20代の後半で薄毛になった失敗談を元に書いています。

皆さんには、そういった失敗を“しないで”頂きたく、この「フィンジアの正しい使い方はこうだっ!!」ブログを書いています。

そして、今回の僕の薄毛になった失敗談は「ドライヤー」です。

風呂に入った後にするドライヤー。

みなさん、このドライヤーの方法を知ってますか?

フィンジアを賢く使うために、ドライヤーのやり方も知っておいて損はありません。

僕は昔、髪をできるだけ早く乾かすことしか考えていませんでした。

ドライヤーを使わずに、髪が半分濡れた状態で寝ていたこともありました。

熱は最大限に、髪の毛にできるだけ近づけて…

こんなことをしていたら、抜け毛が増えて、髪もどんどんパサパサになって潤いがないと見てわかる状態に。

なので、“この逆”をしてほしいのです。

調べて見たら、やはりそう書いてありました。

ドライヤーはなるべく低温で、髪から遠ざけて乾かす。

または、このどちらかを実践する事です。

髪に近づける場合は、低温で乾かし、温度を高くするならば、なるべく髪から遠ざける。

こうやって髪の毛を乾かしてください。

これならば、今日からできますよね。

フィンジアを効率的に使うならば、このようにドライヤーを使うことで、自分の髪を生やす力も引き出せるでしょう。

頭皮に熱を当てすぎないことに注意してくださいね。

抜け毛予防~プラス1分程度すすぎを行いましょう。フィンジア使い方

みなさんは、フィンジアの効果的な使い方ってどのようなものだと思いますか!?

それは、「フィンジアの効果を最大限に引き出すためにできることをやる」ことだと思います。

フィンジアは朝と夜に使うことを推奨されていますが、夜は特に、寝る前にフィンジアを使うことが重要です。

その理由は、寝ている間に一番髪の毛が育つからです。

成長ホルモンが一番出るのは夜10時から深夜2時なので、この時間帯に睡眠をとれればベストですね。

しかし、寝る前に頭皮が不潔であると、フィンジアを使おうが寝ようが、その効果が半減してしまいます。

例えば、お風呂に入ってシャンプーで髪を洗って、リンスやコンディショナーをする場合も、

“十分にすすぎをして欲しい”ということです。

僕は、寝る前に風呂に入らず、仕事が忙しいという理由で朝風呂をしていました。

こんなことを何年も続けたときに、抜け毛が増えてしまったんです。

お風呂に入っても、シャンプーのすすぎをしっかり行っていませんでした。

抜け毛が恐くて、すすぎを長くできなかったのです。

これだと、皮脂もシャンプーもリンスも、頭皮に残ってしまいますよね。

夜寝る前にフィンジアを使うので、その前にはなるべく頭皮をきれいにしておきたいのです。

フィンジアの賢い使い方とは、シャンプー、コンディショナー後のすすぎを、もっとしっかりやるということ。

通常すすぎプラス1分くらい長く、十分に行うといいでしょう。

すすぎで頭皮に汚れを残さないようにして、そこにフィンジアを吹きかけましょう!

男性女性の抜け毛予防睡眠時間帯とは~フィンジアの僕なりの使い方

睡眠は、人の髪の毛を育てる時間です。

だから、寝る前にお風呂に入って、髪をしっかり洗い、しっかりすすぎ、

シャンプーもリンスも、皮脂もちゃんと洗い流してから、フィンジアを使い、

寝るわけです。

そこで、僕なりのフィンジアの使い方の中に、睡眠する髪の促進に効率のいい時間帯というものがあります。

それが、成長ホルモンが一番活発になる夜の10時から深夜の2時までです。

この時間帯に寝るのが一番ベストと言うことになります。

僕は以前、仕事が忙しいという理由で、深夜2時に寝て、朝5時に起きるという3時間睡眠を何年も続けていました。

疲れているときは、風呂に入らずそのまま寝ていたことも多かったです。

この頃から、抜け毛が一気に増えたのはいうまでもありません。

フィンジアの正しい使い方は、寝る前に風呂に入り、頭皮を清潔にしたうえでフィンジアを使い、

夜の10時に寝て朝の5時くらいに起きるということです。

僕は今、夜11時に寝て、朝の5時に起きています。こういう生活に変えました。

仕事をがんばるのはいいことですが、自分の体の心配をすることも忘れてはいけないと思います。

若いときはいいですが、それでも僕みたいに27歳で薄毛になる可能性だってありますし、

睡眠時間が極端に短いと、薄毛以外の、何かの病気になることも考えられます。

こういったことを一切せず、私生活が乱れに乱れたうえでフィンジアを使うことは、

果たして正しいフィンジアの使い方といえるでしょうか?

僕が薄毛になった原因は、睡眠だけではないと思っています。

他にも、食事や運動不足による血行不良、頭皮を汚しまくってしまったことが原因です。

薄毛や抜け毛は、男性も女性も複合的な原因で起こると思っています。

ストレスが原因になることだってあるのです。

正しいフィンジアの使い方をして、育毛活動をしていきたいですね!

太ると髪が薄くなる?フィンジアの使い方

中年になってくると、お酒を飲んで肥満になってきたり、

若くても食生活の乱れで太ってしまうことがあります。

学生時代は痩せていたとか、普通の体重だったという人が、

20代の中盤から急に太るということは結構よくある話ですし、

僕の周りでもいます。

原因はストレスだったり、外食のし過ぎだったり、お酒だったり、食べすぎだったりするでしょう。

ここでは、太ると髪が薄くなったり、抜け毛が増えたりするかを考察して、

フィンジアの使い方に生かしていければと思います。

僕は昔、見た目は普通に見えるが、脱ぐとお腹周りがすごくぽっちゃりしているという隠れ肥満でした。

そのころから、抜け毛に悩むようになり、結果的に薄毛になってしまったのです。

今では、適度な運動と、食生活に気を付けているおかげで、学生時代の体重に戻りましたし、

腹筋もすこし割れるくらいになりました。

なぜ、肥満が薄毛抜け毛の原因になりやすいのかというと、

血行が悪くなるのももちろんですが、血液がドロドロになり、頭皮に皮脂がたまりやすくなってしまうからです。

太っている人は、脂ぎっているイメージがありますが、これを頭皮に置き換えると、

頭皮を不潔にしているといえるでしょう。

不潔な頭皮からは、新しい毛が生えてきづらくなってしまいます。

フィンジアの賢い使い方をしたいのであれば、ダイエットを考えるのも一つの手です。

薄毛にももちろんですが、他の病気の予防にもなりますので、肥満でいることをやめて、

適度な運動や外食を減らすなどして、フィンジアを使っていきましょう!

他のサプリの副作用で嘔吐した話

世の中にはフィンジアだけでなくたくさんの育毛商品があります。

僕はフィンジアが発売される前までにたくさんの育毛商品を使ってきました。

スカルプ系のシャンプー、育毛系サプリ、毛髪トニック…

本当にいろいろ試しました。

その中でも、忘れられない出来事があります。

それは、育毛系のサプリメントの副作用で吐いてしまったことです。

(※フィンジアではありません)

フィンジアの賢い使い方とは、他の副作用があるような育毛系商品には手を出さないということでしょうか。

ちなみに、その育毛サプリは月間にかかる金額は約2万円。

1回に飲む錠剤は7粒、それを1日に3回です。

はっきりいって飲む量が多すぎですよね。

おそらく、サプリ内に入っていたカプサイシンが影響して気分が悪くなって嘔吐してしまったのでしょう。

カプサイシンが含まれているサプリは多いですが、何粒も飲むものは注意が必要です。

毛髪トニックのフィンジアにもカプサイシンは配合されていますが、

頭皮に吹きかけるものなので、口から体内に入れるものではありませんし、

僕自身、フィンジアを半年ほど使い続けて副作用はでていません。

賢いフィンジアの使い方は、自分の悪習慣を改めたうえでフィンジアを使っていき、

カプサイシンが入っている育毛サプリで摂取する量が多すぎるものは飲まないということですね。

育毛サプリは僕は飲んでいませんが、併用するのもアリだとは思っています。

賢く、効率よくフィンジアを使っていきましょう!

抜け毛を減らすために、シャンプー後のすすぎをちょっと長めにする

このブログでは、フィンジアの僕なりの使い方をご紹介しています。

それは、フィンジアを使うだけでない、髪の毛にいいことを実践していきながら、

そのうえでフィンジアを使うことで、フィンジアの効果を最大限発揮させようとすることです。

また、自分の髪を生やそうとする力も引き出したいですよね。

これらを当ブログ「フィンジアのおすすめの使い方紹介ブログ」に書いています。

今回は、抜け毛を減らすため、髪を復活させるための“すすぎ”です。

みなさんは、普通にお風呂に入り、スカルプ系のシャンプーなどを使って髪を洗っていると思います。

頭皮を清潔に保つためにとっても大事なことですが、もうひとつ、すすぎをちょっと長めにすることをおすすめしています。

いつもよりも1分くらい長くすすぎの時間をとるといいでしょう。

僕は髪を洗った後に、すすぎを十分せず、すぐにすすぎをやめていました。

あとあと分かりましたが、これでは頭皮にシャンプーの残りやリンスの残り、

頭皮をこすった際の皮脂などが頭皮に残ってしまうんですね。

こういったものを全て洗い流したいわけです。

髪ももちろんですが、頭皮のすすぎを行いましょう。

こうすることで、そのあとに使うフィンジアの浸透もよくなりますよね。

これが、効果的なフィンジアの使い方だと思います。

すすぎはもうこれくらいで大丈夫だろう…

と思っていた時期が僕にもあったのですが、当時抜け毛は減りませんでした。

枕に抜け毛がついてしまっていたんです。

フィンジアの実践的な使い方をするならば、すすぎをしっかりすることを試してみることをおすすめします。

薄毛で対人恐怖症にもなる

僕は薄毛で対人恐怖症になってしまった経験があります。

フィンジアの賢い使い方をすれば、みなさんはこんな思いをしなくても済むでしょう。

フィンジアの賢い使い方については、このフィンジアおすすめ使い方紹介ブログの中にたくさん書いてあるので参考にしてくださいね。

さて、僕は20代の後半で薄毛になった、いわゆる若ハゲだったのですが、

周りからバカにされすぎて、最終的に人と会うのが嫌になってしまいました。

僕が自分のことを対人恐怖症だと感じ始めたのは、駅で偶然久しぶりに会った友人と話したときです。

「久しぶり!あれ?○○髪型変わった???」

と薄毛のことを遠回しに言われました。

フィンジアは当時はまだ発売されていなかったので、フィンジアを使う前の話です。

普通だったら偶然会った昔の友人と少しは話をすると思いますが、

それ以上髪の毛の話題になってほしくなくて、その場からすぐ去ってしまったんです。

「ちょっと用事あって急いでるから、じゃあっ!!」

その友人はポカーンとしてました。

僕はその時、手が震えていて、声も震えていたんです。

薄毛をバカにされたくなくて、人と話せなくなってしまいました。

でも、今ではフィンジアの自分なりの使い方を実践していることで、薄毛の悩みがなくなってきています。

普通に外に出て人と話せるようになりました。

みなさんにはこんな思いをしてほしくはないと思っています。

できるだけ薄毛の進行度が早い段階で、フィンジアのおすすめの使い方を実践していくことをおすすめしますよ!

抜け毛予防の為に食事に気を付ける

フィンジアの効果的な使い方は、食事を気にしながらフィンジアを使用する事です。

僕の場合ですが、20代の前半でひとり暮らしをはじめて、外食ばかりになってしまいました。

外食をすると、どうしても塩分の摂取量が増えてしまいます。

塩分の取りすぎは、抜け毛を加速させるので本当に注意が必要です。

フィンジアのおすすめの使い方とは、塩分の摂取量を減らしながらフィンジアを使うということなのです。

外食しすぎると、太りやすい体になってしまいます。

肥満体質になると、皮脂が増えたり頭皮が脂っぽくなったりと、抜け毛の原因になってしまいます。

ひとり暮らしの人は、食事を用意するのは大変だと思いますが、

ご飯を炊いて、少し大きめの鍋に野菜類を入れて鍋を作ってしまえば2食分は賄えると思います。

味付けも、カレーの粉とか、かつおぶしの粉末スープなどを入れればいろいろなタイプの味が楽しめるでしょう。

せっかくフィンジアを使うのであれば、食生活にも気を付けて、髪を生やしやすい環境を整えて使いましょう!

こういったことの積み重ねが、抜け毛を減らしていくので、がんばりましょう!

フィンジアの使い方

髪が細い人は薄毛になりやすい

髪が細い人は、薄毛になりやすい…
これはかなりあり得る話なんです。

フィンジアの効率のいい使い方は、フィンジアを吹きかける以外のこともがんばることです。
そうやっているうちに、フィンジアの効果を実感できるようになると思っています。
このフィンジアのおすすめの使い方ブログには、いろいろな失敗談が書かれているので
反面教師で参考にしてもらいたいですね。
さて、「髪が細い」についてですが
僕は小さいころから髪が細かったです。
これだけ見ると、髪が細い人は100%ハゲてしまうわけですが、
これだけでは判断できません。

そこで、僕の周りにいた学生時代の髪が細い友人が、37歳になった今どうなったかというと、
特に髪が細かったのが3人いたのですが、3人とも薄毛になっています。

ということで、全員が全員ではないと思いますが、髪が細い4人中4人が薄毛になっています。
なので、髪が細い人は十分に注意して欲しいのです。

早めにフィンジアの使い方を見ながら使いはじめて、髪に悪い習慣をやめていくことで、
ハゲる可能性を低くすることはできると思います。

フィンジアのおすすめの使い方ブログいには、薄毛にならないためのいろいろな方法を書いているので、
髪が細い人は特に参考にしてください。

僕の様にハゲて悩んで傷つくのは、とってもつらいですよ。
今のうちにできることはしていきたいものですね!

冷え性だと抜け毛に繋がりますよ“冷え性改善”

冷え性は女性がなりやすいですが、もちろん男性もなります。

薄毛は男性がなりやすいですが、女性の薄毛も増えています。

薄毛や抜け毛予防でフィンジアの使い方を知りたいという人は多いですが、

冷え性ですごく血流が悪くなっている頭皮にフィンジアを使っても、フィンジアの効果が発揮されずらくなってしまいます。

僕は、抜け毛を気にしている人は、冷え性に気を付けてと言いたいです。

抜け毛は、頭皮の血行不良がおこると増えやすくなってしまいます。

末端冷え性は、手や朝の先だけでなく、頭皮もなります。

頭皮が冷え性になると、血行が悪くなり、血液による栄養が運ばれなくなりますので要注意です。

頭皮をマッサージしたりするのは、頭皮の血流を良くしたいからです。

フィンジアを吹きかけて頭皮がじわーっとしてくるのは、毛穴からフィンジアの成分が入り込んでいるのと、

頭皮の血行を良くするという目的があると思います。

そこで、冷え性にならないためにどうするかということなのですが、

簡単にできることが2つあります。

それは「ふくらはぎマッサージ」と「柔軟体操で体を柔らかくする」です。

ふくらはぎは第二の心臓と言われているので、ここを下から上に揉むことで血液の流れがよくなります。

あと、体を柔らかくすると、筋肉も柔らかくなるので、筋肉の中には血管が張り巡らされているのですが、

筋肉内の血液の流れがよくなり、全身の血行がよくなります。

フィンジアの効果的な使い方は、このふくらはぎマッサージと柔軟体操を併用する事です。

あとは、入浴はシャワーではなく湯船に入ることがお勧めです。

リラックス効果と血行不良の改善が見込めます。

あとは、このブログの他の記事のフィンジアの効果的な使い方を参考に、育毛活動をしていってくださいね。

フィンジアの効果的な使い方

抜け毛予防・お酒は飲みすぎない

この「フィンジアのおすすめの使い方」ブログでは、僕が20代の後半で薄毛になったことを反面教師にしてもらって、

あなたの抜け毛予防やフィンジアの効率的な使い方に生かして頂ければと思います。

そして、今回の議題なのですが、「お酒」です。

僕は普段からお酒を飲みませんし、飲みに行ってもそんなにたくさん飲みません。

なので、僕の体験談と言うか、失敗談でお酒と抜け毛の関係を話すことができないのですが、

僕の周りにいるお酒大好き人間の髪がどうなったかはお話しできます。

なので今回のフィンジアの効果的な使い方ブログでは、僕の知り合いを例にとってお話しますね。

僕の周りには、特に酒好きな、飲みすぎだと思う知り合いが5人います。

そして、そのうちの3人が薄毛になっています。

おでこが広いタイプと、後頭部の薄毛タイプ、そして全体的に薄いタイプです。

彼らを学生時代から知っているのですが、薄毛になるとは思っていなかった人物です。

こう考えると、お酒を飲みすぎると薄毛になるというのはあながち嘘ではないでしょう。

現に

アルコールを分解する際に髪の成長に必要な栄養が奪われて、間接的に薄毛の原因につながる

と言われているので、お酒が好きな人で、抜け毛が多い人は要注意です。

フィンジアの効果的な、おすすめの使い方というのは、フィンジアを使うだけじゃない方法を探していくことです。

いかにフィンジアを吹きかけたときに、その恩恵を受けられるかは、自分の私生活が大きく影響しています。

このフィンジアの使い方ブログでは、他にも様々なテーマを書いているので、他の記事も是非参考にしてください。

あなたには、僕の様にハゲと言われて傷ついて欲しくはありません。

できることがあるならば、フィンジアの使い方を知ると同時にやってみてください。

抜け毛を減らしたいなら朝風呂はやめるべきです。

抜け毛を減らしたいならば、生活習慣で髪の毛に悪いことがあれば、それを改善していきましょう。

それが、フィンジアの効果的な使い方に繋がっていきます。

朝風呂、と書きましたが、夜勤の仕事だったり、飲み屋さんの仕事をしていて朝帰ってくる人は、

朝風呂で全然かまいません。

しかし、普通の仕事で疲れていることを理由に夜お風呂に入らずに、朝お風呂に入る人は、できればすぐにやめましょう。

僕の場合は、朝風呂ばかりしていた時期に抜け毛が増えてしまいました。

当然ですよね。

仕事で疲れていたとはいえ、頭皮が汚れてきたないまま寝ていたのですから。

髪の毛は、寝ているときに一番育つと言われていて、その中でも、髪の毛が作られやすい時間帯があります。

成長ホルモンが一番活発になる、夜10時から深夜2時の間です。

お風呂に入ってしっかりと髪を洗い、しっかりとすすいだ後で、フィンジアを使い、やさしく頭皮マッサージをして夜10時から深夜2時の間にできるだけ寝る。

もしこの時間帯に睡眠がとれなくても、睡眠時間をしっかりとればカバーできると思うので、

睡眠時間はしっかりととってください。

自分の場合は、抜け毛が増えていた時期に1日の睡眠時間が3時間から4時間程度でした。

これも、抜け毛に直結している出来事だと思います。

フィンジアの使い方を知って、フィンジアの効果的な使い方を知ることで、もっともっとフィンジアの力と、自分の体が髪を生やそうとする力を開放していってもらえればと思います。

フィンジアの使い方

頭皮マッサージには要注意!!

今回も、フィンジアの効果的な使い方を、僕自身の失敗談からお話しますね。

今日のテーマは「頭皮マッサージ」です。

フィンジアの効果的な使い方というのは、フィンジアを頭皮に吹きかけるだけじゃないというのもお話します。

僕は数年前に、誤った頭皮マッサージの仕方で逆に抜け毛が増えて、頭皮が赤くなってしまったことがありました。

その理由は、髪を生やしたいと思うあまり、どうしても力が強くなってしまったんです。

力を込めて強く頭皮をたたく、力を入れて強く頭皮を揉む…

こんなことをしてしまっていたわけです。

結果的に、抜け毛は増えて、頭皮が赤くなってしまいました。

フィンジアを使った後に頭皮マッサージをする際には、くれぐれも“やさしく、力を入れすぎないで”行ってください。

フィンジアを使った後というのは、じんわり頭皮に浸透して、ジーンと温かくなる感じがしてきます。

その時に、やさしく頭皮マッサージをするというわけです。

部分的にフィンジアを使ってもいいと思いますが、将来の抜け毛予防で、髪が薄くない部分も僕の場合は吹きかけて使っています。

あまりかけすぎず、適量吹きかけて、優しくマッサージするということですね。

フィンジアの効果的な使い方とは、このように気を付けるべきことを気を付けて、やらないほうがいいことはやらず、やるべきことをやるということになります。

あと、おすすめなのは、頭皮マッサージの本を一冊書店で購入して、プロのやり方で頭皮マッサージをすることです。

これならば、自分だけでなく、他の人にもやってあげられます。

頭皮マッサージは、薄毛の人以外にも、リラックス効果や、血行不良改善になるので、やってみてください!

今回のフィンジアの効果的な使い方は、以上になります。