吃音の問題をひとくくりにすることができない

吃音の問題は、ひとくくりにすることはできないと言われます。

吃音の原因が、ひとそれぞれ違うことが原因になっているようです。

僕の吃音の原因だったことと、あなたの吃音の原因は、全く違うということですね。

ただ、幼少期の何かしらの出来事やトラウマが原因になっていることが考えられます。

そして、そのトラウマを、自分で覚えていないからこそ、なかなか吃音の原因がわからず、改善できないというのです。

僕は、自分の吃音を、中村しょうさんの【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムで克服することができたのですが、

この中村しょうさんのプログラムには、吃音の原因になることが書かれていました。

吃音の原因は、医学的にも科学的にも解明されていないので、これが答え、というものはありませんので、

あくまで中村しょうさんの解釈で、ということになるのですが、不思議と自分の中で腑に落ちたというか、

自分の吃音の原因は、こういうことだったんだな、ということがわかりました。

この吃音の原因がわかると、吃音改善に向けて加速するように症状が軽くなっていったのを覚えています。

しかも、1日にかける時間は20分、時間に余裕があるときは30分くらいエクササイズをしました。

本当は、もっと自分の吃音改善のことをお話したいのですが、【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムの内容をここに書くわけにはいかないので、

内容は、あなたが【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを購入して、エクササイズを実践して知ってほしいと思います。

がんばれば治るほど、吃音の問題は簡単ではないので、その道の専門家に聞くのが一番だと思います。

あなたと僕の吃音の原因は、違いますが、それでも、【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムは試してみる価値がある教材です。

吃音トップページへ

吃音の原因は心にあるのか?

吃音になる原因は、人それぞれで、多くの人は小学校に上がる前に改善し、

全体の1パーセントに落ち着いていくそうですが、ここで吃音が改善しないと、残りの1パーセントに入ってしまうということになります。

それでも、大人になってからでも自分で吃音を克服している人はいます。

その人たちの吃音克服法を教えてもらえれば、自分の吃音も改善するのではないか…

こう思うと思いますが、実際にはそうではないようです。

つまり、人の吃音改善、克服方法が、自分には効かないというのが、これまで吃音が医学的にも科学的にも治療法が見つかっていない原因だと言えます。

すると、吃音の原因は、心にあるということがいえるでしょう。

身体的な原因であれば、すでに解決策が編み出されていてもおかしくないからです。

ただし、発言するときに呼吸がおかしくなったりするのは、身体的な原因だともいえるので、

心理面からくる身体的な動作なのではと思いました。

僕は以前難発の吃音で悩んでいましたが、吃音の原因を自分なりに知ることで、克服することができました。

自分の吃音の原因を知るということは、かなり効果的なのではないかと思います。

幼少期のトラウマが原因だったりするみたいですが、それは人それぞれなので、僕にはわかりません。

もし、自分の吃音の原因が何なのか、その答えに近づきたいという人は、僕も実践した「MRM 吃音プログラム」を試してみて下さい。

きっと、吃音の原因にグッと近づけることと思います。

mrm 吃音

就職の集団面接のときに、吃音の症状がでてしまうと…

就職活動は、新卒学生の間での戦争みたいになります。

自分をどのようにアピールするか、どれくらいその会社のことを調べていくか。

面接のときに、自分の長所と短所をどのように伝えるかを、何度も練習していくでしょう。

ここでの吃音は、正直に言うと、マイナスポイントになりかねません。

ここぞというときに、吃音の症状が出やすい人は、要注意です。

吃音の症状は、人によって、どのような状況で、どのような言葉・単語でおきるかが人それぞれなので、

対策が難しいとは思いますが、できれば、就職活動時には吃音を克服していたいですね。

タイトルにもありますが、就職活動の時には集団面接という面接方法を取り入れている企業があります。

これは、複数の志望者が、円になって会話するという面接方法です。

このときに、吃音の症状が出てしまうと、他の面接者にどんどん先に行かれてしまいます。

いざ、自分が発言するときには、一気に面接官から志願者まで自分に目が向けられるので、

難発の吃音を抱えている人は要注意です。

どもっていても、別にいいのですが、吃音の症状がない人たちが、話す内容などを必死になって用意してくるので、それを上回らなければなりません。

受ける企業の下調べは、やりすぎてもいいくらいです。

でも、できれば、就職活動の前に、吃音を完治まで行かなくても、改善したり、克服したりしておきたいものです。

そのために、MRM吃音どもり改善プログラムは活躍してくれるはずです。

吃音 原因

吃音になる原因は自分にある

吃音になる原因は、いろいろな意見がでています。

幼少期の経験や、友達のどもりを真似したことなどです。

吃音の原因は、幼少期にあるとも言われますし、そうではないと言われますが、

幼少期の吃音は、幼児の20パーセントくらいはいるみたいです。

でも、自然に治っていって、残るのは全体の1パーセントになります。

100年前も、今も、日本でも、海外でも、吃音の人の人口は全人口の1パーセントらしいです。

これだけ過去からある問題なのに、吃音になる原因はわかっていないといいます。

なので、今でている吃音の原因を取り除いて改善する方法は、それぞれのマニュアル作成者や本の著者の見解だということになりますね。

ネットで、「吃音 改善」と調べて見ても、言っていることが180度違うことがあるのは、このためです。

吃音の原因が、身体的なものだという人もいたり、精神的なものだという意見もあります。

そうやって吃音の原因を調べているうちに、情報に溺れてしまい、すべてのことが信じられなくなってしまいます。

つまり、吃音になる原因に、医学的な明確な答えがないということです。

先ほども書きましたが、吃音の原因は幼少期に関係しているということが言えます。

でも、その後も、自分で吃音を改善していく人がいるから、全体の1パーセントになるので、

吃音の原因を取り除いている人は、実際にはいるということですね。

この記事のタイトルなのですが、「吃音になる原因は自分にある」ということですが、

幼少期のトラウマや、家庭環境などに、問題が全くない家庭の方が少ないわけで、

自分の吃音の原因は、家庭環境のストレスにあったとか、友達からからかわれたからだ、と思う人もいるかもしれませんが、

基本的には、自分が原因で吃音になったと考えることが吃音改善の第一歩だと、

MRM吃音どもり改善プログラムの著者である、中村しょうさんは言っています。

本当に、すごく、参考になり、僕も購入して、自分のどもりを克服することができたので、

MRM吃音どもり改善プログラムは、吃音を抱えている人に試してみて欲しいマニュアルです。

mrm 吃音プログラムはこちら

吃音の原因はどこにあるのか?身体的?精神的な理由?

吃音の原因は、果たしてどこにあるのでしょうか。

こちらに関しては、人によって見解が様々なので、

「身体的原因だ!」!という人もいれば、「精神的原因だ!」という人もいます。

カウンセラーの人によって言うことが違いますし、吃音の書籍を書いている人によっても、吃音の原因は様々なのですね。

現在は、ネット社会なので、スマホやパソコンでいくらでも吃音の原因を調べることができると思います。

しかし、それぞれのサイトで、言っていることが180度違う場合があったりして、逆に困惑してしまうことも多いです。

では、吃音の原因はどこにあるのか、この答えは明確にはなっていませんが、

僕が中村しょうさんの「MRM吃音どもり改善プログラム」を購入し、中身を見てみたところ、

これまで自分の中で腑に落ちなかったことが、全て明確になった気がしました。

吃音の原因は、自分が思っているよりもずっと深いところにあったという感じです。

仮に、吃音の原因を知りたい!と思っているのであれば、「MRM吃音どもり改善プログラム」は一つの明確な答えを用意してくれています。

もちろん、その答えが正しいものなのかは、人によって解釈が異なるかもしれませんが、

このサイトで再三言っている通り、僕自身の難発のような吃音はこのマニュアルで克服できたんですよね。

「お前が軽度の吃音だったからだろ!」と言われるかもしれませんが、重度の吃音の方でも、MRM吃音どもり改善プログラムで克服した人が数百人いらっしゃいます。

それに、軽度の吃音だからと言って、悩みましたし、克服できたことで、仕事やプライベートでの自信を取り戻すことができたんです。

まずは、偏見を持たずに、一度MRM吃音どもり改善プログラムを試してもらいたいですね。

吃音の原因は、MRM吃音どもり改善プログラムの中に、ひとつの答えが書いてありますよ。

MRM 吃音の改善プログラム