ソードアートオンラインのアニメ版について

ソードアートオンラインのアニメはすごい人気で、日本のみならず海外でも人気があると聞きます。

でも、小説版を読んでいると、やっぱりアニメは端折っている部分が多いな、とも感じてしまいます。

わたしははじめ、ソードアートオンラインのアニメ版から入り、その後小説を読みました。

アニメ版に感動し、泣いたりもしました。

キリトとアスナのロマンス(言い方古い)や、スリーピングナイツのユウキの話など、涙腺崩壊です。

アニメ版もものすごくいいのですが、小説を読むと、細かい心理描写、細かい戦闘描写、建築物の説明など

アニメだけを見ている人はここまで知ることはないんだろうな・・・と考えると少し残念な気持ちになります。

小説版でも、なんども涙腺崩壊しました。

別に泣き上戸なわけではなく、本当に心が揺さぶられて涙がでてくるんです。

何気ない小説の1文や1行に、たくさんの情報や感情の動きなどが詰まっています。

だからこそ、わたしはソードアートオンラインをアニメだけで終わらせてほしくないなと思っています。

ソードアートオンラインのアニメを見て、お気に入りの作品になったとしたら、

今度は是非とも小説を見てもらいたいです。

小説9巻からのアリシゼーション編は本当に感動します。

アニメには、迫力のある動く戦闘があり、声優さんの神演技があったり、感動する音楽があったりしますが、

小説版も負けず劣らずいいです。

気になっている人は、小説版にも是非チャレンジしてみて下さい!

⇒ソードアートオンラインの小説を今すぐ読む

ソードアートオンライン小説版