【キリトの涙の意味】ソードアートオンライン 小説10巻感想

ソードアートオンラインの小説、アリシゼーション編に入ってから2作品目の10巻。

キリトとユージオがなぜこのような旅をしているのか、なぜ田舎の村の木こりのままじゃいられなかったのか、小説を読んでいる方はお判りだと思いますが、

キリトとユージオで、道中は同じであれ、最終目標が違うということに注目してみましょう。

 

キリトは、重要な記憶が欠損しているものの、アスナたちのいるリアルワールドに帰還することが第一目標となっています。そのためにセントラルカセドラルを目指しています。

 

ユージオは、幼いころに整合騎士に連れ去られてしまった幼馴染のアリスに再開するため、セントラルカセドラルを目指しています。

 

実はキリトはアリスと会ったことがあるのですが、このあたりのお話は小説を読んでいただきたいです。

 

もしかすると、今は大親友のこの二人が、最終目標の違いによって仲たがいしてしまう日が来てしまうような、そんな予感がしてなりません。

 

たとえば、どちらかの願いしか叶えられない、こんな2択がでてきたらどうなるでしょう。物語によくある展開ですよね。

たとえばの話ですが、もしこうなったとき、キリトはアスナのいるリアルワールドに帰ることを選ぶのか、それともユージオやアリスのいるアンダーワールドで過ごすことを選ぶのか、すごく興味があります。(※勝手な妄想です)

 

現に、キリトが心の中で思った、俺の中にある帰りたいという渇望の熱が、日々少しづつ薄れていると思えるのは錯覚だろうか・・・

という言葉のなかに、いろいろな感情が詰まっていると思います。

 

あと、キリトはこのソードアートオンライン10巻で泣いてるんですよね。

もしキリトが、リアルワールドの人間がキリト以外誰もいないアンダーワールドでの出来事を、ある意味でフィクションみたいな世界だと思っていたら、

嫌な奴らに多少何かされたとしても涙までは流さないと思うんです。

別にほっとけという感じで。

 

でも、アンダーワールドですでに2年間過ごしている。

これは、ソードアートオンラインのアインクラッドで過ごした時間と同じだけの期間です。

おそらくですが、キリトはアンダーワールドを自分の居場所だと考え始めているのかもしれません。

純粋にこの世界を見ていたい、こう述べていますが、実のところ、この世界でユージオやそのほかの仲間たちと過ごす日々を捨てられなくなってきているのでしょう。

 

この10巻のアリシゼーション・ランニングで見せたキリトの涙は、こんな意味合いがあるのではと考察します。

正直、私も小説を読みながらキリトと一緒に泣きましたけどね。

でもリーナ先輩本当によかった~。

またリーナ先輩と再会して欲しいです!

 

ソードアートオンラインの小説をいますぐ読むなら

 

 

ソードアートオンライン 小説10巻~アリシゼーション・ランニング感想

ソードアートオンライン小説10巻も、見どころ満載でした!

 

アスナ、ユイ、シノン、リーファが大活躍!!

とうとう実現!?アスナ対茅場晶彦の元カノ・神代凛子直接対決!

加速世界とアンダーワールドの全容!作られた理由

祝!キリト帝立修剣学院入学!

キリトとユージオの青春学院生活!貴族生徒からの陰湿ないじめ↓↓↓

リーナ先輩との絆!

学院最強のウォロ主席との一騎打ち!

 

本当に、ソードアートオンラインの著者である川原礫さんは話の作り方が天才的ですね。

学院の作りなども細かく書かれているので、あたかも自分がキリトと一緒に学院生活を送っているような気になります。

学院には学食があったり、体育館のような道場があったり、キリトが寝起きする寮があったりするので、本当の学園生活のようです。

小説のいいところは、文字からいろいろと想像できるところなんですよね。

 

そして、アンダーワールド内にも、貴族という身分の位があるということが10巻で紹介されています。

 

貴族の位は1等爵士から6等爵士まであり、一番初めにキリトがいたザッカリア領を統治している貴族は5等爵士でした。

もっといえば、キリトとユージオは、5等爵士の領内の小さな村のただの木こりでした。

 

帝立修剣学院には、3等爵士、4等爵士という貴族の中でも上位の親を持つ生徒がいて、初期のハリーポッターのドラコみたいないじめっ子も存在します。

 

貴族から見れば、元木こりという身分は平民も平民、しかも、3・4等爵士から見れば、5・6等爵士も見下す対象で、貴族の中でも差別が存在します。

 

学院にいる同学年の生徒120人も、そのほとんどが貴族の息子、娘さんたちです。

平民出の生徒もいますが、やはり3等爵士を親に持つやつから見れば、貴族でもない、小さな田舎の村の元木こりなんていうのはいじめの対象です。

 

正直、読んでてむかつきましたよ。

おまえだよ、おまえ!ライオスとウンベール!!

 

どこにでもこういうやつはいるんですね。

もちろん、キリトはやられっぱなしのキャラじゃありません。

正々堂々と、打ち負かして欲しいです!

 

ここでふと、アンダーワールド内の住民は、キリト以外のすべてがAI<人工知能>だということを思い出す私。

もうこれ、AIじゃないですよ。いい人たちも悪い奴も、完璧に人間ですよみんな。

 

ソードアートオンラインの小説をいますぐ読むなら

 

【小説の感想2】ソードアートオンライン10|アリシゼーション・ランニング

 

小説ソードアートオンライン10巻アリシゼーション・ランニングの感想後編です。
前作の9巻の最後から5か月たっています。

どうやら、ユージオはキリトに、この5ヶ月間アインクラッド流を教わってた様子。
ここから、キリトとユージオのストーリーは大きな展開を見せます。
ここで新しくストーリーテラーになる存在が、観察者(オブザーバー)と自分で語る、5ミリ程度の小さな小さなキャラです。
「ほんとに、世話の焼けること」って言いながら、キリトの髪の毛の中に住んでます。
このオブザーバー、マスターという人物からキリトの観察だけを命じられているのに
ほっとけなくていろいろと手を貸してしまう、そんな愛くるしいキャラです。

このキャラ、今後要チェックです。小説を読み進めていくとわかりますが、私はこのキャラのエピソードで泣いてしまいました。
ここまでキリトがアンダーワールドで過ごした期間は2年、現実世界で18時間。
キリトは現実世界で心配しているであろうアスナや友人たちのことをしっかりと気にかけています。
でも、18時間という時間ならば、まだそこまで心配をかけていないかな~、大丈夫だろうと思っています。
キリトからは、あの事件の記憶がなくなっているので。
アスナほか、キリトの仲間の面々からしたらたまったもんじゃないですよね。
現実のキリトは、死の境をさまよっているのですから。
小説10巻、アリシゼーション・ランニングの後半ででてくる印象的なキャラクターは、
リーナ先輩(女性)です。
学院に12人存在する上級修剣士の次席(2位の人)で、
キリトが1年間傍付きをしている人です。
リーナ先輩とキリトの心のつながりは、一見の価値ありですよ。

そして、この学院生活が、すごい新鮮なんですよね。
キリトは学院の寮に住んでいて、食堂があったり、体育館のような修練場があったり、
寮には門限があったりします。

そこにはユージオも住んでいるので、本当の意味で、キリトにとって楽しい(だけじゃないけど)青春そのものだったのかもしれません。
同級生の男の親友がいる学園生活は、リアルワールドでも叶わなかったことなので。
リアルワールドでは見られなかった、男友達と笑いあう学園生活を送っている生き生きとしたキリトを見ることができます。
実は、キリトはこの巻で、ライオスとウンベールという意地悪なキャラクターに
いじめに近い意地悪をされて、涙を流す場面があります。
ユージオが、キリトが記憶を取り戻したらどこかにいなくなってしまうんじゃないかと心配しているシーンも含めて、
読んでいる私は、周りの人物がAIであることを忘れてしまうのです。

この巻、アリシゼーション・ランニングはいろいろな意味で、楽しめる要素が満載です。
是非とも小説で読んで欲しい巻のひとつになります。

キリトと、ウォロ・リーバンテインとの一騎打ちは手に汗握ります。
読みながら「いけ~~~!キリト~~~!」って心の中で叫んじゃいます。
これは、一回でも読んでもらえれば、みなさんも共感してくれることでしょう。
わたしも、キリトと一緒に学園生活を、笑ったり泣いたりしながら一緒に過ごしている感覚になりました。
こういう体験ができる小説ってソードアートオンラインに限らずいいですよね。

そして、キリトは、感じてはいけない感情を抱くことになります。
はやくリアルワールドに戻って、アスナたちを安心させたい気持ちはもちろんあるのですが、
元の世界に戻るということは、同時にアンダーワールドの世界の人たちとの別れを意味するのだと。
この世界、アンダーワールドから離れたくないという気持ちが自分に芽生え始めていることに
キリトは戸惑うのでした。

⇒ソードアートオンラインの小説を今すぐ読む

 

【小説の感想】ソードアートオンライン10|アリシゼーション・ランニング

 

アリシゼーション編の2作目、小説ソードアートオンライン アリシゼーション・ランニングを読んだ感想です。

まずは前半パートの感想を書いていきたいと思います。

キリトのシーンが目立った前作、小説9巻ですが、今回の小説10巻では

“アスナのその後”が書かれています。

キリトは事件のことを忘れてしまっているので、どれだけアスナほか、仲間が心配しているかなど知る由もありません。

でも、アスナは現実世界でキリトを追い続けている。

アスナが大活躍でしたね。もちろん、ユイも。

ユイがいなければ、ここまでの推理や行動は起こせなかったでしょう。

つくづく、ユイが一緒にいてくれてよかったと思います。

そんな心強いユイですが、アスナが言った一言にちょっとさみしい反応をしたときは胸が締め付けられました。

アスナの一言は

「ねえ、ユイちゃん、そもそも人工知能ってどういうものなの?」

これに対する返答は、

「それを私に聞きますか?ママ、・・・・」

この続きは実際に小説を読んでもらいたいシーンです。

そこで何を感じるかは人それぞれ違うと思います。

そしてこのソードアートオンライン10巻、アリシゼーション・ランニングの前半部分では、

今キリトがダイブしている、アンダーワールドの成り立ちから、作り出された目的などが明らかになっていきます。

これまで、ソードアートオンラインでは、“フルダイブ型の仮想世界”というのがテーマになってきました。

仮想世界の中で人と人が恋をしたり、本当の殺し合いをしたり、病気の女の子を仮想世界で何百人、何千人の中で見送ったこともありました。

メディキュボイドと呼ばれる医療用のフルダイブマシンも出てきました。
これは病気や薬の副作用による現実の体の痛みや苦しみなどをカットして、仮想世界にダイブできるマシンです。

(やばい、ユウキのことを思い出すと涙が・・・)

これまでは、仮想世界の中に広がる可能性が描かれてきましたが、

アリシゼーション編でのテーマは、人工知能<AI>と加速世界。

この記事を書いているときには、私はソードアートオンラインの小説を19巻まで読んでいます。

1度目を読んだときはまだこのブログを始めていなかったので、もう一度読み返しながら書いているのですが、

1回目に気づかなかった、いろいろなことが伏線としてはられています。

例えば、

神代凛子さんが、茅場の夢を見ていてその夢が覚めたとき、

部屋で「本当に困った人だな。こんなところまで来るなんて」と誰かに言われて飛び起きたシーンがありました。

正直、このシーンのことは忘れていたのですが、今となってはこのシーンの意味がすごくよくわかるんです。

そして、このシーンの深さを知ると、なんとも言えない気持ちになります。

2回目を読まなければ、この気づきはありませんでした。

やっぱり、小説は一回見ただけじゃすべてを知った事にはならないですね。

だからこそかもしれませんが、やっぱりソードアートオンラインの小説は、スマホで読めるといいと感じます。

思い立った時、急に時間が空いたときなどに、スマホを取り出せば小説が読めるのですから。

アスナと、自衛隊の菊岡の会話を見ていると、

アスナの「人工知能たちの権利」という言葉や、

菊岡の「10万の人工フラクトライトの命は、1人の自衛官のそれより軽い」

というセリフがでてきます。

10万の、と言っているところがミソで、10万人のとは言っていないことに気づきます。

菊岡には、人口フラクトライト、すなわちアンダーワールド内で暮らすAI達に対して、これくらいの気持ちしかないということです。

ですが、小説を読んでいる私たちは、ユージオやアリス、セルカにはすでにたっぷりと感情移入してしまっているので、

「そう簡単に言ってもらっては困る」と思ってしまいますよね。

これはキリトも同じでしょう。

キリトはすでに、アンダーワールド内の住民が、現実世界の人間と何も変わらないと気づいています。

もうひとつ見逃せないのが、神代凛子という女性の存在。

この女性は、ソードアートオンライン事件のすべての元凶になった茅場晶彦の恋人だった人です。

神代凛子とアスナの対話は、小説10巻のちょっとしたハイライトだと思っていますし、

若き日の神代博士と茅場晶彦のストーリーは、必見です。

このあたりは、実際に小説を読んで、何を思うか感じてもらいたいですね。

⇒ソードアートオンラインの小説を今すぐ読む