【ユージオのバカヤロー!】ソードアートオンライン 小説SAO13巻感想

ユージオとベルクーリの死闘、まさに死闘。

この戦いは是非ソードアートオンラインSAO小説13巻を見てもらいたいです。

 

ユージオの戦闘能力の伸びがすごい!!

キリトも言ってたけど、ユージオはいずれキリトを超える剣士になるほどの逸材らしいです。

あと、ソードアートオンラインのアリシゼーション編のひとつの楽しみは、武器です。

ユージオの「青薔薇の剣」対、ベルクーリの「時穿剣(じせんけん)」。

時穿剣は未来を斬ります。

 

「あっ、ありのまま今起こったことを話すぜ・・・あいつは未来を斬ったんだ、何を言っているかわからねーと思うが、俺もなにをされたのか分からなかった・・・」

 

キリトもユージオも、整合騎士たちも、それぞれに個性的な武器を持っています。

そして、武器の記憶を開放するとすごい力を発揮するのです。

PSゲームとかになったりしたら、面白そうな設定ですな~。

アプリゲームだとしたら課金しちゃいそうですね。

 

2人の決着は、小説13巻を見てもらいたいと思います。

 

ですが、ユージオのバカヤロー!!

なんでキリトのことを信じられなかった!

 

でも、ユージオの気持ちはよくわかるんです。

ちょっとした心の隙間ですよね。

アドミニストレータはそこを見逃さなかった。

300年生きた、リアルワールドの人類にもそんな人間はいないという未知の存在です。

 

11歳のキリトとアリスが、ユージオを出し抜いて秘密基地でいちゃついていたなんて、ありえないです。

 

この想像の中でリアルだと思ったのは、アリスがキリトを誘ったような書き方だったこと。

これはすなわち、ユージオが心の底で恐れていたことなんでしょうね。

キリトは「みんなで遊ぼうぜ!」って感じだから、もし自分がないがしろにされるとしたら、アリスがキリトを誘うことだったのでしょう。

 

現実では起こっていないことなのに、あたかもユージオは実際に体験したかのように心にダメージを受けました。

 

ユージオが一番恐れていたことは、アリスがキリトのことを好きになってしまうこと。

 

このことをアドミニストレータは見逃しませんでした。

 

 

ソードアートオンラインの小説【SAO】をいますぐ読むなら

 

 

 

 

【アリスの2つの人格】ソードアートオンライン 小説13巻感想

アリスには2つの人格がある!?

 

一つはルーリッドの村でキリトとユージオと過ごした幼少期の人格。

ですが、キリトにもこのときの記憶はないので、おそらくはユージオや家族、妹と過ごした時期の人格。

 

そしてもうひとつは、整合騎士になってからの人格。

 

アドミニストレータの支配から抜け出し、アリスに元の記憶を戻すことに成功した場合、整合騎士のアリスの人格は消滅し、ルーリードの村でユージオや妹のセルカと過ごした日々の続きの人格に変わる様子。

 

なぜ元の記憶を取り戻したアリスが、整合騎士の記憶を失ってしまうのかは、小説を読んでいてわかりませんでした。

 

キリトがそういう結論に至ったのですが、私的にはあまり納得できてない・・・

 

ソードアートオンラインの小説を読んでいて、整合性が取れないとか、つじつまが合わないなんていうことはないのですが、このアリスの記憶に関しての所だけ、なぜキリトはそういう結論に至ったのかというのがよくわかりませんでした。

 

ですが、アリスは、アドミニストレータを打ち破って記憶を取り戻した場合は整合騎士の記憶を失い、記憶を取り戻さなければ、今のまま、昔を忘れた整合騎士のアリスが残る、ということのようです。

 

ここで怖いのは、ユージオが求めるアリスと、キリトが求めるアリスが違うということです。

 

ユージオは、昔のアリスに戻ってほしいと考えている。

キリトは、今後のダークテリトリーの戦いまでは、少なくとも整合騎士アリスとしての戦力が欲しいと考えるはずです。

昔のアリスに戻ってしまったら、おそらく戦闘能力もガクッと下がるはずなので。(あくまで私の予想です)

 

私は、昔のアリスにもどってユージオと結婚して欲しい・・・

そこは、ユージオが幸せになってもいいんじゃないかと思ってます。

 

でもそうならなそうなんだよな~・・・

ソードアートオンラインの面白さは、いろいろと予測したり妄想を膨らませたり、文字からいろいろと想像できるところです。

 

まだソードアートオンラインの小説を読んでない人は、とっても面白いので是非見てみて下さい。

 

ソードアートオンラインの小説をいますぐ読むなら

 

 

 

【アリスのヒロイン度】ソードアートオンライン 小説13巻感想

ソードアートオンラインのアリシゼーション編において、一番のヒロイン候補と言えば【アリス】です。

 

このアリスを、これまでのソードアートオンラインヒロイン候補生たちと比較してみましょう。

 

アスナは王道ヒロイン属性。

みんなから慕われ、主人公キリトをお姉さん肌で導いたり、時に甘えたりします。

これがたまらんですよね(笑)

何より、一緒に戦ってくれる戦友ともいえるし、一番きつかった時を一緒に乗り越えた経験があります。

 

リーファは妹属性。キリトを「おにいちゃん」と呼ぶ妹系ヒロインです。

そして、今話題の「兄こま」と同じように、血がつながっていない妹という絶妙な立ち位置を獲得しています。

 

シノンはツンデレ・ガン属性。キリトがシノンの高校にバイクで迎えに行き、校門の前で待っているシーンはウケました。シノンは周りから、「ヒューヒュー。あの人だれ?詩乃のカレシ??」と茶化されているシーンが、王道のラブコメを思い起こさせました。

 

リズは元気っ子同じクラス女子属性。こういう子が好みの男ってかなり多いです。実際私もリズのこと結構好きです。アスナの親友ということもあり、キリトにとっては彼女の友達属性ともいえます。

 

ユウキは百合属性。キリトには目もくれず、アスナに猛突進しています。キリトからしたら、自分の彼女の事を好きな女の子属性ともとれますね。もしユウキが元気なら、キリトと一対一の勝負をもちかけ、勝った方がアスナと結婚する、なんていいそうです。

 

ソードアートオンラインには、他にもたくさんの魅力ある女の子キャラがでてきます。

自分のお気に入りの子はきっとみつかるでしょう。

ソードアートオンラインの楽しみは、自分のヒロイン探しでもあると思うので。

 

そして最後にアリスです。

アリスは、キリトに対して敬語を使います。

自分は女の前に騎士である、という認識が強く、常に正しくあろうとします。

正直、堅苦しいな~と思っていたのですが、そんなアリスがおなかが減ってグーとおなかをならしてしまったときは、さすがにかわいいと思ってしまいました(笑)。

 

ソードアートオンラインの小説9巻の時のアリスは、キリトとユージオの二人の弁当を持ってきてくれたりと、三人でいることが好きなちょっと男っぽい性格の女の子でした。

悪ガキ2人をしかったりするお姉さんっぽいところもありました。

まじめなんだけど、実はちょっと悪いことにも興味津々で、禁忌目録の解釈を変えながらキリトとユージオと三人で冒険したりしてましたね。

 

整合騎士になったアリスは、実は昔のアリスとあまり性格は変わってないように見えます。

キリトとアリスのやりとりを見ていると、キリトの不器用さに、見てられないと言わんばかりに手を貸したり、キリトの冗談に負けずに自分も冗談を言ったりと、ユージオがいないだけでなんだか昔のままのような気がしました。

 

敬語を使っているのは、整合騎士という立場の為でしょう。

こういうキャラが、急にタメ語になったら、かなり萌えるかもしれないです。

なので、アリスは「敬語属性・生徒会長系ヒロイン」とさせて頂きます!

 

とはいえ、アリスはまだ敵なんですけれどね。

 

ソードアートオンラインの小説をいますぐ読むなら

 

 

【生まれて初めての同性の親友】ソードアートオンライン 小説13巻感想

キリトは、ユージオがはじめての同性の親友と呼べる存在だと、心の中で確信しました。

これは、アンダーワールドに来てから、ずっと離れることのなかったユージオと離れたことがきっかけで気づいたことです。

 

 

腹の底をさらけ出せる関係は、ユージオだけだと。

アスナにも言えないような、男同士でしか話せないようなことを、これまでたくさん話したんでしょうね。

エギルやクラインについても言及しています。

彼らは大人だから、自分のような幼稚な性格のやつと合わせてくれている、すごく感謝しているし頼りにしている、というふうに思っているみたいです。

キリトは、ALOでユージオを自分の親友としてみんなに紹介する事が待ち遠しいと思っているのでしょう。

 

「なにをニヤニヤしているのですか」

というアリスの言葉で、ちょっとアリスのこと気に入りました。(何様?)

 

アリスはきっと、シノンやリズあたりと衝突しそうだな、性格的に。

とキリトはアリスを評しています。

ユージオとアリス、2人をALOでみんなに合わせたら、すごく楽しいパーティーになりそうですね。

私もワクワクします。

おっと、でもまだ周りは敵だらけですし、アリスも敵のままです。

気を引き締めないといけないですね!

 

でも気になるのは、キリトとユージオが一時的に離れて、違うことを考えていることです。

 

キリトは、ユージオが自分にとって唯一無二の親友だと再確認しました。

しかしユージオは、キリトを心配しつつも、アリスとキリトが二人きりになっていることに動揺しています。

それは、キリトが簡単にいうとモテるからでしょう。

女の子の懐に入るのがうまい、気に入られることが多い。

アリスも、キリトと行動を共にしたらキリトのことを気に入ってしまうのではないか。

こんな時に考えることじゃないと思いつつも、ユージオの心はざわついています。

禁忌目録を破り、自分の考えや行動に制限がなくなったせいか、ユージオがどんどん人間のようになっていっているような気がします。

今まさに、ユージオに「嫉妬」という感情が芽生え始めています。

ソードアートオンラインの小説の面白いところはこういうところですよね。

 

おそらく、今のキリトがユージオを失ったら、それこそアスナを失うのと同じくらいの心理的ダメージを受けかねません。

そうなれば、生身のキリトが・・・

ソードアートオンラインは、心理描写がとっても面白いです。

アニメもいいですが、やっぱり小説でソードアートオンラインを体験してもらいたい!!

 

ソードアートオンラインの小説をいますぐ読むなら

 

 

【あなたは、僕と同じ人間なんだ】ソードアートオンライン 小説13巻感想

ソードアートオンライン小説13巻の2記事目です。

ユージオ対整合騎士ベルクーリが激突します。

 

 

今度の戦いはなんと風呂場!?

舞台はセントラルカセドラルの上層階にある大きな浴場です。

何十階の建物の上空にあるお風呂、景色も最高でしょうし、一度は入ってみたいな。

とか言ってる場合じゃありません!

とうとうユージオとベルクーリの戦いの幕が切っておとされました。

 

ここではあえて、戦いの様子や決着のことは書きませんが、

ユージオがベルクーリに言ったひとこと。

「あなたは、僕と同じ人間なんだ」

という言葉に注目します。

 

整合騎士は“アドミニストレータのいいように記憶を改ざんされている”ので、

過去の自分の記憶はなくなっています。

 

ユージオ「僕はあなたたちの・・・そういうところが許せないんだ・・・」

この気持ちわかります。

整合騎士は、自分のたいせつなものを忘れ、公理教会に仕える正義の騎士ぶっている。

幼い女の子を連れ去っておいて、そのことすらも覚えていない。

 

おそらく、ユージオは、過去を忘れ、愛する人や愛してくれた人を忘れ、整合騎士として正義の務めを果たしていると、盲目的に信じている彼らに腹が立ったのでしょう。

 

同じようなことで私が腹が立ったのは、キリトとアリスの会話です。

アリスはキリトのことを重罪人だと思っています。

これは、公理教会が定めた禁忌目録に違反したからです。

でも、キリトはロニエとティーゼのことを思いながら、彼女たちがライオスとウンベールにされそうになったことを、アリスに打ち明けます。

それでもなお、アリスは禁忌目録に違反するのはいけないと言ったのです。

アリスの感情はかなり揺さぶられていましたが、それでも禁忌目録違反についてのことを咎めたのは、正直がっかりしました。

 

今後、アリスは、自分を取り戻すのかはわかりませんが、

私は、正直あまりアリスに共感してませんし、ソードアートオンラインに数多く出てくるヒロインの一人だとも思えていません。

 

アスナ、リーファ、シノン、リズ、シリカ、アリシゼーション編では、リーナ先輩、ロニエ、この間のカーディナル・・・

アリスは、自分の中では彼女たちより一歩後退しています。

 

少し話がずれてしまいましたが、自分たちを神の使いで人間を超越した存在であると信じている整合騎士に対して、ユージオは「あなたは、僕と同じ人間なんだ」と言います。

 

この言葉は、まだ学院にいたときに、キリトがユージオに言った言葉でもあるんです。

同じ意味の言葉を発したのは、決して偶然ではないでしょう。

 

おそらくユージオは、もし整合騎士が記憶を取り戻して、自分たちがしてきたことをすべて思い出したら、その時は少しも責めないと思います。

 

思い出してないから怒っている、こういうところがユージオらしいです。(勝手な私の憶測です)

 

ソードアートオンラインの小説は1回だけでなくて何回も読むことで、1度目ではわからなかったことがわかるようになります。

 

そんなところが何回も読みたくなる要因です。

 

ソードアートオンラインの小説をいますぐ読むなら

 

 

 

ソードアートオンライン 小説13巻~アリシゼーション・ディバイディング感想

 

それでは、ソードアートオンラインの小説12巻、アリシゼーション・ディバイディングの感想を書いていきたいと思います。

 

突然ですが、またまたキリトワールド炸裂です。

敵である整合騎士のアリスに対し、キリトはこれまでに落としてきた女子と同じような、いつのまにか相手の懐に入ってしまうキリトワールドを発現させました。

 

もちろん、整合騎士のアリスは、別にキリトに惚れたわけでも何でもありませんが、いつのまにかキリトのペースにハマっているように見えます。

 

私、こういう展開はあまり望んでないです。

だって、ユージオはアリスのこと好きなんですから。

 

キリトはアスナのことが好きなので、そのほかの女の子に対しては友達として仲良くしているだけです。

 

それは、リーファやシノン、リズ、シリカとの関係性を見ても明らかです。

今では、リーファやシノンなど女性陣は、キリトと一緒にいたいというよりも、アスナと一緒にいたいという気持ちでいつも一緒にいると思っています。

 

たまに、キリトと二人になったときとかに、シノンやシリカなどはちょっとしたちょっかいみたいなアプローチはしますが、アスナという存在の方が大きいので、そこまで真剣にキリトを狙っているわけではないでしょう。

 

何と言うか、キリトは女の子との距離を詰めるのが上手いんですよね。

女子に対しても本当に友達として接するから、相手の女の子はグッと心をつかまれちゃうんだと思います。

グッと心をつかまれた後で、アスナという存在を知るんですけどね。

 

まあとにかく、私は、ユージオに幸せになってほしいんです。

キリトとアスナ、ユージオとアリスでいいじゃないですか。

 

この先、アリスがキリトに惚れるという展開はやめて欲しい。

現にユージオは、ハプニングとはいえ、キリトとアリスが一緒に行動することになったことに対して、これまでになかったであろう“嫉妬”という感情を持ち始めています。

 

人工知能が、嫉妬しているんです。

これすごくないですか!?

 

幼いころからずっと好きだったアリスと、唯一無二の親友キリトの間にもし何かあったら、ユージオは二人を祝福するでしょうか?

それとも・・・

 

この先の展開を見てみるとしましょう!!

 

ソードアートオンラインの小説をいますぐ読むなら

 

 

ソードアートオンライン小説13巻の感想①

うーん、こんな展開望んでなかった↓

でも面白い!!これだけは言えます。

ユージオが最も恐れていたことは、やはり

「アリスがキリトのことを好きになってしまうこと」

だったのでしょうね。

アドミニストレータは、そこを見逃さなかった。

やはり300百年生きたAIは違いますね。

なんでもお見通しって感じです。

 

でもどうやってアドミニストレータを倒すんだろう!?

これヒースクリフ団長よりも強いんじゃないですか?

アドミニストレータはかなりの権限もちですし。

 

アリスが自身の封印を解いたのは、きっとキリトが近くにいたからでしょう。

キリトは、アンダーワールド人の封印を解くスペシャリストみたいになってます。

これは、ラースの職員が狙った通りなんでしょうね。

それが腹立ちますが。

 

セントラルカセドラルの超高層階から見た夜景はどんだけきれいなんでしょう。

そこで、キリトとアリスは意見をぶつけ合った。

恋愛フラグ立ちすぎですよね。

アリスはこれまでのソードアートオンラインの女の子にはいないキャラだと思いました。

学園にいたら生徒会長とかやりそう。

それで、キリトとアスナがいちゃいちゃしていたら、「学校内で異性同士がくっつくでない!!」とか言いそうです。

学校内でも、キリトに騎士のように振舞えとかいいそうじゃないですか?

でも、そんな生徒会長がいきなりデレる、みたいになったら、すっごいかわいいですね。

これまで以外にも、ソードアートオンラインでは生徒会長系キャラがいなかったので、もし仲間になってくれたら、キャラ被りせず、アリスはとってもいい友達になってくれそうです。

それとも、アスナからキリトを奪っちゃう!?

アンダーワールド内では私が彼女です。なんて展開もありかもです。

ユージオとアリスがくっついて、リアルワールドに2人で来てくれるのが一番いいんですけどね。

とうとうキリト対ユージオという、おそらくアリシゼーション編のハイライトである戦いが始まります。

どちらが勝つのか、ユージオはいち早く元の自分に戻ってほしい!!!