吃音になる原因は自分にある

吃音になる原因は、いろいろな意見がでています。

幼少期の経験や、友達のどもりを真似したことなどです。

吃音の原因は、幼少期にあるとも言われますし、そうではないと言われますが、

幼少期の吃音は、幼児の20パーセントくらいはいるみたいです。

でも、自然に治っていって、残るのは全体の1パーセントになります。

100年前も、今も、日本でも、海外でも、吃音の人の人口は全人口の1パーセントらしいです。

これだけ過去からある問題なのに、吃音になる原因はわかっていないといいます。

なので、今でている吃音の原因を取り除いて改善する方法は、それぞれのマニュアル作成者や本の著者の見解だということになりますね。

ネットで、「吃音 改善」と調べて見ても、言っていることが180度違うことがあるのは、このためです。

吃音の原因が、身体的なものだという人もいたり、精神的なものだという意見もあります。

そうやって吃音の原因を調べているうちに、情報に溺れてしまい、すべてのことが信じられなくなってしまいます。

つまり、吃音になる原因に、医学的な明確な答えがないということです。

先ほども書きましたが、吃音の原因は幼少期に関係しているということが言えます。

でも、その後も、自分で吃音を改善していく人がいるから、全体の1パーセントになるので、

吃音の原因を取り除いている人は、実際にはいるということですね。

この記事のタイトルなのですが、「吃音になる原因は自分にある」ということですが、

幼少期のトラウマや、家庭環境などに、問題が全くない家庭の方が少ないわけで、

自分の吃音の原因は、家庭環境のストレスにあったとか、友達からからかわれたからだ、と思う人もいるかもしれませんが、

基本的には、自分が原因で吃音になったと考えることが吃音改善の第一歩だと、

MRM吃音どもり改善プログラムの著者である、中村しょうさんは言っています。

本当に、すごく、参考になり、僕も購入して、自分のどもりを克服することができたので、

MRM吃音どもり改善プログラムは、吃音を抱えている人に試してみて欲しいマニュアルです。

mrm 吃音プログラムはこちら

コメントを残す