就職の集団面接のときに、吃音の症状がでてしまうと…

就職活動は、新卒学生の間での戦争みたいになります。

自分をどのようにアピールするか、どれくらいその会社のことを調べていくか。

面接のときに、自分の長所と短所をどのように伝えるかを、何度も練習していくでしょう。

ここでの吃音は、正直に言うと、マイナスポイントになりかねません。

ここぞというときに、吃音の症状が出やすい人は、要注意です。

吃音の症状は、人によって、どのような状況で、どのような言葉・単語でおきるかが人それぞれなので、

対策が難しいとは思いますが、できれば、就職活動時には吃音を克服していたいですね。

タイトルにもありますが、就職活動の時には集団面接という面接方法を取り入れている企業があります。

これは、複数の志望者が、円になって会話するという面接方法です。

このときに、吃音の症状が出てしまうと、他の面接者にどんどん先に行かれてしまいます。

いざ、自分が発言するときには、一気に面接官から志願者まで自分に目が向けられるので、

難発の吃音を抱えている人は要注意です。

どもっていても、別にいいのですが、吃音の症状がない人たちが、話す内容などを必死になって用意してくるので、それを上回らなければなりません。

受ける企業の下調べは、やりすぎてもいいくらいです。

でも、できれば、就職活動の前に、吃音を完治まで行かなくても、改善したり、克服したりしておきたいものです。

そのために、MRM吃音どもり改善プログラムは活躍してくれるはずです。

吃音 原因

コメントを残す