【MRM 吃音】漠然とした不安をなくすために

吃音で悩んでいる人は、漠然とした不安に襲われることがあります。

人前で話すシチュエーションにならないか不安。
電話がいつなるか、電話が鳴ったら自分が取らなければならないのか、という不安。
はじめて会う人に、吃音のことで笑われないか不安。

こういった予期不安です。

過去、人にからかわれたり、自分が失敗した経験を思い出してしまって、心が不安定になることもあるでしょう。

このとき、気持ちが、過去や未来に飛んでいると考えられます。

ある程度の未来予期や、過去の経験を踏まえて行動することは必要ですが、

起こっていない未来や、過ぎてしまって自分しか覚えていないような過去のことばかり考えるのは、いいことではありません。

吃音者の人に必要なのは、今現在、この瞬間に目を向けることだと言われています。

僕は、以前吃音に悩んでいましたが、克服することができました、

ですが、ずっと薄毛でも悩んできています。

薄毛の人も、同じように、予期不安や過去の嫌な思い出で気持ちが落ち込んでしまうことがあります。

こういう症状がでるのは、吃音だけではないんですよね。

話を戻しますが、今この瞬間に目を向ける、ということに関しては、MRM 吃音プログラムでも言及されていました。

過去や未来を考えすぎ無くなると、吃音以外にもいい結果をもたらします。

自分がやるべきことのパフォーマンスがぐっとあがるんですよね。
MRM 吃音プログラムでは、吃音の改善、克服をあくまで通過点としてとらえています。

それは、自分の潜在意識をコントロールすることで、自分にとっての成功を引き寄せる方法を教えてくれるからです。

ここに書いていることは、MRM 吃音プログラムの内容の一部にもなっていないくらい、MRM 吃音プログラムは充実したプログラムです。

読めばわかります。

なので、吃音で悩んでいて、将来が不安だと漠然とした感覚に襲われている人は、すぐにでも始めて欲しいくらいです。

MRM 吃音プログラムはこちらです。

とってもいいプログラムなので、是非ともはじめて欲しいですね。

コメントを残す