【小説の感想】ソードアートオンライン11|アリシゼーション・ターニング

この巻やばいです。
いろいろありすぎて、何から話していいかわからないくらいです。

 

順風満帆だった日常が、急転直下、奈落の底へ。
剣を磨き、大会でいい成績を収めて、胸を張ってセントラルカセドラルへ・・・

いくはずがまさかこんなことになろうとは。

でも、ユージオはなにも悪くない。

悪いのは、ライオスとウンペールです。

ソードアートオンライン小説11巻を見た人ならば、共感してくれるはずです。

ティーゼとロニエを守ったユージオを誇りに思います。

禁忌目録に反することが、アンダーワールド人にとってどれだけのことか、

ここまで小説を読んでいれば、痛いほどわかります。

ユージオは、ティーゼとロニエのために、するべきことをした。

人として、当然のことをした。

人工知能のAIであるユージオは、人工知能にプログラムされている禁止行為を超えて

“人”としての誇りを守ったのです。

ここ見て、涙ボロボロでました。

日常が壊れて、物語は大きな転換をむかえます。

⇒ソードアートオンラインの小説を今すぐ読む

コメントを残す