ソードアートオンライン 小説11巻~アリシゼーション・ターニング感想

ユージオオオォォォーーーーー!!!

 

ソードアートオンライン小説11巻の感想は、こんな感じです。

おそらく、読んだ人はみんなこう叫ぶはずです。

 

アリシゼーション・ターニングという名前だけあって、ターニングポイントになっている巻です。

 

 

もう一回叫ばせてください・・・

ユージオオオォォォーーーーー!!!

 

おまえは、正しいことをした!

なにも悪くない!たとえ、禁忌目録に反したとしても関係ない。

ティーゼとロニエのために、正しいことをしたんだ!

 

自分泣きました。

 

ライオス、ウンベール、ふざけるな!

 

もし、ソードアートオンラインの小説を読み始めたとしたら、必ずこの11巻までは見て下さい。

 

キリトもアスナもいない、2人の主人公格がいない。

そんな状況で、ここまで感情がゆさぶられるとは思ってもみませんでした。

 

とにかく、この巻はたくさんの人に見てもらいたいですね。

 

アリシゼーション・ターニングの前半部分でいいたいことは、これだけです。

 

ソードアートオンラインの小説をいますぐ読むなら

 

コメントを残す