【憎しみじゃあいつには勝てないよ、ユージオ】ソードアートオンライン12巻感想

「憎しみじゃ、あいつには勝てないよ、ユージオ」

 

キリトは、ユージオにこう言います。

ユージオは、整合騎士に対して、「幼いアリスを連れ去った忌むべき相手」という感情を持っています。

逆にキリトは、長ければ百何十年も騎士として生きてきた整合騎士に、ある種の尊敬の念を持っています。

キリトは剣士なので、相手が剣士であれば誰にでもそのような感情を抱くのかもしれません。

男でも、女でも、子どもでも、例え敵でも。

 

整合騎士との戦いが続くソードアートオンライン12巻の後半。

デュソルバート、ファナティオ、敵としてマジリスペクトです。

整合騎士はひとりひとりが個性的でかっこいいですね。

使っている武器や技なども、一色淡ではなくそれぞれの個性があって、しかも、装備している武器にも背景がある。

なので、ソードアートオンライン12巻を見る人には、武器の成り立ちにも注目して欲しいです。

これまで触れてきませんでしたが、キリトとユージオも愛剣を持っています。

キリトは「夜空の剣」

ユージオは「青薔薇の剣」

これらの剣にも、生まれた背景があり、武器の最大の能力を引き出すために、武器の記憶を頼りにして開放していきます。

この辺が、ソードアートオンラインらしいところですよね。

名前に「ソード」が入っているだけあって、剣に関してのこだわりが感じらるんです(^^♪

 

整合騎士を褒めると、ユージオに怒られそうですが、しかしそのユージオも、彼らの背負った剣の重さを知って、涙する場面があります。

キリトとユージオ、そして整合騎士、どちらも悪くないんですよね。

だからこそ、キリトはユージオに

「憎しみじゃ、あいつには勝てないよ、ユージオ」

と言ったのでしょう。

想いが上回った方が勝利する。

こんな現実世界じゃ起こりえないことも、アンダーワールドでは、思いの強さが実際の強さに付加される「心意(しんい)」によって起こります。

 

キリトが整合騎士を敵ながら尊敬している理由は、彼らもまたアンダーワールド人だからでしょう。

そして、心意という強い思いが具現化する世界で戦う人たちをみて、キリトはアンダーワールドと、そこに暮らすアンダーワールド人を心から尊敬しているのだと思います。

(実際には言っていません、私の憶測です)

 

私は、キリトとユージオ、整合騎士たちの熱い戦いを見ながら(読みながら)、本当はどちらにも負けて欲しくないです。

 

デュソルバートやファナティオは、人間的にも魅力的です。

フィゼルとリネル、この二人も、本当は憎むべき相手ではないんですよね。

悪いのはやっぱりあいつだと確信します。

読みながら、セントラルカセドラルてっぺんにいるアドミニストレータへの怒りがふつふつと湧いてくる章です。

 

武器のかっこよさ、整合騎士の誇り高さ、キリトとユージオの絆の強さ・・・

ソードアートオンライン12巻の後半も、目が離せない展開目白押しです!

 

ソードアートオンラインの小説をいますぐ読むなら

 

 

コメントを残す