【ユージオのバカヤロー!】ソードアートオンライン 小説SAO13巻感想

ユージオとベルクーリの死闘、まさに死闘。

この戦いは是非ソードアートオンラインSAO小説13巻を見てもらいたいです。

 

ユージオの戦闘能力の伸びがすごい!!

キリトも言ってたけど、ユージオはいずれキリトを超える剣士になるほどの逸材らしいです。

あと、ソードアートオンラインのアリシゼーション編のひとつの楽しみは、武器です。

ユージオの「青薔薇の剣」対、ベルクーリの「時穿剣(じせんけん)」。

時穿剣は未来を斬ります。

 

「あっ、ありのまま今起こったことを話すぜ・・・あいつは未来を斬ったんだ、何を言っているかわからねーと思うが、俺もなにをされたのか分からなかった・・・」

 

キリトもユージオも、整合騎士たちも、それぞれに個性的な武器を持っています。

そして、武器の記憶を開放するとすごい力を発揮するのです。

PSゲームとかになったりしたら、面白そうな設定ですな~。

アプリゲームだとしたら課金しちゃいそうですね。

 

2人の決着は、小説13巻を見てもらいたいと思います。

 

ですが、ユージオのバカヤロー!!

なんでキリトのことを信じられなかった!

 

でも、ユージオの気持ちはよくわかるんです。

ちょっとした心の隙間ですよね。

アドミニストレータはそこを見逃さなかった。

300年生きた、リアルワールドの人類にもそんな人間はいないという未知の存在です。

 

11歳のキリトとアリスが、ユージオを出し抜いて秘密基地でいちゃついていたなんて、ありえないです。

 

この想像の中でリアルだと思ったのは、アリスがキリトを誘ったような書き方だったこと。

これはすなわち、ユージオが心の底で恐れていたことなんでしょうね。

キリトは「みんなで遊ぼうぜ!」って感じだから、もし自分がないがしろにされるとしたら、アリスがキリトを誘うことだったのでしょう。

 

現実では起こっていないことなのに、あたかもユージオは実際に体験したかのように心にダメージを受けました。

 

ユージオが一番恐れていたことは、アリスがキリトのことを好きになってしまうこと。

 

このことをアドミニストレータは見逃しませんでした。

 

 

ソードアートオンラインの小説【SAO】をいますぐ読むなら

 

 

 

 

コメントを残す