【アドミニストレータ、あなたも人間だ】ソードアートオンライン 小説SAO14巻感想3

キリトとアドミニストレータ、この二人の会話、いいですね。

アドミニストレータは、キリトがリアルワールドから来たことにやっぱり気づきました。

アドミニストレータの問いかけに対し、キリトが「そうだ」と答えたときの、ユージオの反応が興味深かったです。

この辺の心境や心の動きに関しては、ソードアートオンラインの面白いところでもありますし、やっぱり小説を見ないと伝わらないので、是非とも見てもらいたいシーンですね。

 

アドミニストレータは、アンダーワールドの事を「わたしの世界」と言いました。

セントラルカセドラルという100階建ての超高層建築物を作らせ、そのてっぺんにいる人物であり、記憶の改ざんや抜き取りなど、記憶を自由に操れる。

悲しみや、怒りなど、感情さえも取り除ける人物なんて、リアルワールドにもいませんし、神と自負しても全くおかしくありませんが、

 

ここでもやっぱりキリトはキリトですね。

そんなアドミニストレータに対して、「あなたも人間だ」と言い放ちます。

 

アドミニストレータは、キリトに、「あなたからしたら、所詮アンダーワールド人だと思っているのかしら」という趣旨のことを言うのですが、ここでキリトがいうセリフがとってもいいです。

 

「いいや、むしろ、アンダーワールド人の方がよっぽど人間らしいと思ってるよ」と。

 

この言葉を見たときに、キリトがアンダーワールドで過ごしてきた2年間の中でいろいろなことがあったと思い返し、私はちょっと泣きそうになりました。(実際は泣いてました)

 

これを、アドミニストレータに言うか~、みたいな感じです。

 

アンダーワールドの山も川も、街も人も、あなたすら、ボタン一つで、一瞬ですべて消せる、そんな最高権限を持ったものが、外側にはいるんだ・・・

 

この言葉を聞いたとき、ユージオやアリスはどう思ったのでしょう。

そして、アドミニストレータはなんと答えたのでしょう。こちらもソードアートオンライン小説で是非見てもらいたい名シーンです。

 

この2人の会話がとっても面白くて興味深いんです。

一方は、神の権限まで到達した300年間生きた天才AI。もう一方は、アンダーワールドを作り出した神の世界から来たなんの権限も持ってない人間。

 

どう戦っていくのかが、本当に興味深いです。

これだからソードアートオンラインは面白いんですよね。

 

ソードアートオンライン 小説

 

コメントを残す