【アドミニストレータがリアルワールドへ!?】ソードアートオンライン 小説SAO14巻感想4

ソードアートオンラインの小説14巻、すごいいろんなことが起こります。

とてもじゃないけれど、すべての部分の感想を書くことができません。

 

「さようなら坊や、いつかまた向こうで会いましょう」

と言ったのは、アドミニストレータ。

恐い・・・こわすぎる!!

 

いまはアンダーワールドにいるアドミニストレータですが、キリトの住むリアルワールドに来る気満々じゃないですか。

 

どうやったらリアルワールドいけるか、なんてことも、すでに天才のアドミニストレータはわかってるのかもしれません。

 

これすごいことですよね。

たとえば、私たちが住んでいる地球や宇宙そのものが、人間の上位の存在が作ったものとして、(このような話は、海外でも議論されている)

人間が、この世界を作った上位の存在の世界にいくということですよ。

いわば、神の世界にいくのと同じことですよね。

 

実際に、カーディナルは、アンダーワールドを作ったラースを神だと言っていました。

 

では、もしアドミニストレータがキリトたちのいる世界に来たらどうなるでしょうか。

人類史上類を見ない、高知能を持ったAIが、日本に解き放たれることになります。

キリトの周りの仲間はすぐにアドミニストレータにばれてしまうでしょう。

 

そうなるとおそらく、はじめに命を狙われるか人質に取られるのはアスナとリーファです。ユイもかもしれません。

ソードアートオンラインの小説9巻から10巻には登場している、イチエモンやニエモンのようなロボットに、高知能の人工フラクトライトを搭載し、人間をみせしめに殺戮していくかもしれません。

キリトは、一番狙われる存在です。

ですが、一番初めに命を狙わずに、周りの人間から狙っていくことでしょう。

 

今は日本語しか話さないアドミニストレータも、おそらく一瞬で英語やスペイン語などを理解し、アメリカの国防総省をハッキングし、核を握ることと思います。

 

そこで、現時点での世界ナンバーワンの国家であるアメリカの大統領に就任するかもしれません。

意外と知られていませんが、アメリカの大統領は、犬でもAIでもなることができます。

(そんなの守らなくても、力ずくでアドミニストレータは大統領の椅子に座るはずですが)

 

アドミニストレータがキリトたちのいる世界に来たら、おそらく数か月、もしかしたら数日で世界を手中に収めるでしょう。

 

わたしたちが常日頃から恐れている、AI<人工知能>が人間を支配するということが現実に起こるのです。

 

ソードアートオンラインの小説をよんで、ここまで想像してしまいましたが、あながち現実でもすでにアンダーワールドのような世界が存在していて、すでに高知能のAIも生まれているかもしれません。

そうなると、他人事ではなくなるかもです。

 

リアルワールドに降り立つのは、アドミニストレータか、ユージオやアリスなのか・・・

 

これは大きな違いです。

破壊か、友和か。

キリトが命運を握っています。

 

ソードアートオンラインの小説

 

 

コメントを残す