【過程こそが重要なんだ】ソードアートオンライン 小説SAO14巻感想6

「過程こそが重要なんだ。這いつくばって死ぬか、剣を握って死ぬかがね」

 

これは、キリトがアドミニストレータに言った言葉です。

アドミニストレータは、キリトたちに、決定された終わりにたどり着く過程に、何の意味がある、と聞きました。

これがその答えです。

これまで、ユウキの生き方などを見たキリトだから言えた言葉なのでしょう。

アインクラッドも、結果的にはなくなりましたが、それでも、アインクラッドで生活した2年間という過程は、いまもなおキリトの中で一番大事な思い出なんでしょうね。

 

最後に、

「俺たちは、人間だからな」

と付け加えます。

 

「俺は」ではなく「俺たちは」と言ったことに、深い意味があると思います。

 

もしかしたら、キリトは自分やユージオ、アリスだけじゃなく、アドミニストレータさえも、人間だと言いたかったのではないでしょうか。

 

大人になると、結果ばかり気にして、過程を楽しむ心の余裕がなくなってきます。

でも、成功者や幸せをつかんでいる人に聞くと、みんな口をそろえて、過程を楽しめるかが大事だ、といいます。

 

楽しむとは少し違いますが、終わりまで剣を握ってあがきたいという心の中には、これまでやってきたことを、剣士である自分を最後まで突き通すことが、もしかしたら結果よりも重要なのではと教えてくれます。

 

ソードアートオンラインの小説を読んでいて、私自身の実生活に影響を与えた言葉は数多くあります。

 

この言葉も、そんな言葉のひとつになりました。

 

ソードアートオンラインの小説トップ

 

コメントを残す