【小説の感想】ソードアートオンライン9|アリシゼーション・ビギニング

 

【※ネタバレは入れずに、今後小説を読む人にも読めるような記事にしていますが、感想なので多少物語の内容に触れる場合があります。】

新しい章がはじまりましたね。
小説ソードアートオンライン9巻、アリシゼーション・ビギニングです。

アニメを2期まで見ている人にとっては、この9巻からがアニメの続きになります。

私が1度目に9巻のアリシゼーション・ビギニングを読んだときはまだこのブログを作成していなかったので、
今回は、もう一度見直してこの記事を書いています。

1度目に読んだときには気づけなかったこととか、忘れていたことを思い出したりと、
やっぱり小説は1回読んだだけでは終わらないですね。

現段階では、ソードアートオンラインの小説が19巻まで出ていて、
そこまで見てから9巻を読み返してます。
すると、9巻・アリシゼーション・ビギニングにはかなり大事な情報が入っていることに気づきます。

「SAO事件全記録」という本がでていて、黒の剣士であるキリトがちょっとした有名人になっていることとか忘れてました(笑)。
日本だけじゃなく、アメリカにも翻訳されているみたいなので、今ではキリト君は世界的に有名なプレイヤーなんですね。

アリシゼーション・ビギニングというだけあって、物語のビギニング(はじまり)です。

これまでの、アミスフィアで仮想世界にフルダイブするのではなく、別の形で、
ALO(アルブヘイムオンライン)やGGO(ガンゲイルオンライン)よりももっとリアルな世界に
キリトは飛び込むことになります。

それが“アンダーワールド”です。
この世界では、自分の指に指紋があったり、手に産毛が生えていたり、
汗の粒がでたり、シャベルで地面の土を掘れば、ミミズがいたりします。
ALOやGGOのポリゴン仮想世界では、ここまでのリアルさは出せないとのこと。

シノンはこのようなことを言っています。
いくらALOやGGOの仮想世界で自由に冒険したり、本気の戦いに身を投じたとしても、
ふと、所詮は人の手によって作られた世界の中だということを思い出すと、
なんとも言えない感情になる、と。

私たちも、例えばなにかのゲームに夢中になったとしても、
そのゲームの世界は、誰か人の手で作られたり、管理されていたり、どこかに限界があります。
その世界は人の手で作られたものだって考えると、ふと冷めてしまうときはありませんか。

ソードアートオンラインの話に戻ると、
いくらフルダイブシステムといっても、ALOやGGOでは
プレイヤーが集まりすぎたり、高速移動をすると、見える景色に遅れや画像処理が間に合わない時があるらしいです。

でも、キリトが言うには、アンダーワールドにはそれがない。
なぜ、アンダーワールドが、ここまで精巧に作られているかは、
「ソードアートオンライン9|アリシゼーション・ビギニング」をみなさんの目でみてもらいたいですね。

ちなみに、シノンの問いかけに対してのアスナの答えがまた秀逸で、こちらも是非見てもらいたいシーンです。

そしてもうひとつ、アンダーワールドにおいて大事な設定があります。
それが、時間加速世界です。

現実世界での3日間が、加速世界、アンダーワールド内の11年だとしたら・・・
こんな世界があったらと考えると、なんだかすごく怖いと同時に、行ってみたい気持ちに駆られます。

それこそ加速世界で文明発達シミュレーションをしたりすることができれば、
世界がひっくりかえるような大発見があるかもしれません。

テストの前日に、現実世界の数時間を使って、加速世界の1年間を過ごして勉強することができれば、
資格試験も、受験勉強も、やりたい放題です。

こういう小説の中のフィクションの話でも、
実生活に置き換えて考えてみると、すごい面白いですよね。

リアルに見間違えるほど精巧に世界が再現されている、アンダーワールド。
その世界は、現実世界の何倍ものスピードで進んでいる。

そしてその世界では、たくさんのAI(人工知能)が生活している。

この設定が、この先の物語をより深く、興味深いものにしてくれます。
めちゃくちゃ面白いので、
アニメを見たけど小説は読んでない、
アニメを見たけど、その先の物語が気になっている、
という人にはすっごいおすすめです!

ソードアートオンライン小説9巻のアリシゼーション・ビギニングの後半の感想は、
ちょっと長くなってしまったので、次の記事にしたいと思います。

 

⇒ソードアートオンラインの小説を今すぐ読む

コメントを残す