【菊岡あァァァァァァァ(怒)】ソードアートオンライン 小説SAO14巻感想7

ソードアートオンラインSAOの小説14巻は、もういろんなことが起きすぎて小説見てもらわないと伝えられないです。

 

とにかく、涙なしでは見られない。

そして、アリシゼーション編がはじまったソードアートオンラインの小説9巻からあった伏線も、すべて回収してくれます。

アドミニストレータ、キリト、ユージオ、アリス、カーディナル。

彼らがどうなるか、あなた自身の目で確かめて下さい。

 

流石に、9巻から続いてきたアンダーワールド人界編から14巻までくると、かなり小説に入り込んでしまって、自分もアンダーワールドにいるような気分になります。

 

キリトは2年以上、アンダーワールドで過ごしてきました。

木こりから始まり、修剣士になり、セントラルカセドラルに入り、と順番に見ているうちに、私もキリトと同じようにアンダーワールドという世界と、アンダーワールド人のことが好きになっていました。

 

読んでいる途中、アスナやリーファのことを忘れるくらい、アンダーワールドに入り込んでしまったくらいです。

もしかしたら、忘れるまで行かなくても、キリトも同じだったかもしれません。

それだけ、アンダーワールドでのこれまでの戦いは壮絶でしたし、素敵な出会いがたくさんありました。

 

そして、キリトは2年ぶりに、リアルワールドと通信することになります。

 

ラースはこのアンダーワールドを戦争の道具としてのAIを生み出すためだけに作り上げ、文明シミュレーションを行い、気の向くままに飢饉や川の氾濫を起こしアンダーワールド人を死に至らしめてきました。

 

アンダーワールドという場所がどういうところかも知らずに、この世界を簡単に消去してしまえるような感覚を持っている人間に対して、

または、アドミニストレータの蛮行を見逃し、人界とダークテリトリーの戦争をデスクの上でコーヒーを飲みながらモニター越しに眺めるような人間たちに対して、

キリトはブちぎれます。

 

わたしも一緒になって叫んでました。

「菊岡あァァァァァァァ」

ふざけるな!!!と。

 

なんでかこの通信の瞬間、小説読んでて涙がでてきたんですよね。

その前にすでに泣いてたんですが、キリトがリアルワールドと通信した瞬間に、なんだか泣けてきました。

リアルワールドと繋がれた安堵感とか、菊岡はじめ、ラースへの怒りとか、いろんな感情が沸き起こってきて、キリトの心情とリンクしてしまったんだと思います。

 

やっぱり、ソードアートオンラインの小説アリシゼーション編は、超傑作です。

アリシゼーション編は、ソードアートオンラインファンであれば、みんなに見てもらいたいですね。

 

ソードアートオンラインの小説トップ

 

【過程こそが重要なんだ】ソードアートオンライン 小説SAO14巻感想6

「過程こそが重要なんだ。這いつくばって死ぬか、剣を握って死ぬかがね」

 

これは、キリトがアドミニストレータに言った言葉です。

アドミニストレータは、キリトたちに、決定された終わりにたどり着く過程に、何の意味がある、と聞きました。

これがその答えです。

これまで、ユウキの生き方などを見たキリトだから言えた言葉なのでしょう。

アインクラッドも、結果的にはなくなりましたが、それでも、アインクラッドで生活した2年間という過程は、いまもなおキリトの中で一番大事な思い出なんでしょうね。

 

最後に、

「俺たちは、人間だからな」

と付け加えます。

 

「俺は」ではなく「俺たちは」と言ったことに、深い意味があると思います。

 

もしかしたら、キリトは自分やユージオ、アリスだけじゃなく、アドミニストレータさえも、人間だと言いたかったのではないでしょうか。

 

大人になると、結果ばかり気にして、過程を楽しむ心の余裕がなくなってきます。

でも、成功者や幸せをつかんでいる人に聞くと、みんな口をそろえて、過程を楽しめるかが大事だ、といいます。

 

楽しむとは少し違いますが、終わりまで剣を握ってあがきたいという心の中には、これまでやってきたことを、剣士である自分を最後まで突き通すことが、もしかしたら結果よりも重要なのではと教えてくれます。

 

ソードアートオンラインの小説を読んでいて、私自身の実生活に影響を与えた言葉は数多くあります。

 

この言葉も、そんな言葉のひとつになりました。

 

ソードアートオンラインの小説トップ

 

【ユージオとアリスが結ばれる】ソードアートオンライン 小説SAO14巻感想5

やったなユージオ!

ずっと求めてきたアリスと、とうとう一緒になれたじゃないか!

 

そして超嬉しいことに、

記憶がなくなる前の11歳のアリスは、間違いなくユージオを愛していたと。

ユージオとアリスは両想いだったってこと。

 

ソードアートオンラインの小説を14巻まで見てきてよかった!

ずっとユージオを応援しながら見てきたからね。

 

この先、ユージオとアリスは永遠に一緒にいるということで。

よかったよかった(涙)

 

ソードアートオンラインの小説トップ

 

 

【アドミニストレータがリアルワールドへ!?】ソードアートオンライン 小説SAO14巻感想4

ソードアートオンラインの小説14巻、すごいいろんなことが起こります。

とてもじゃないけれど、すべての部分の感想を書くことができません。

 

「さようなら坊や、いつかまた向こうで会いましょう」

と言ったのは、アドミニストレータ。

恐い・・・こわすぎる!!

 

いまはアンダーワールドにいるアドミニストレータですが、キリトの住むリアルワールドに来る気満々じゃないですか。

 

どうやったらリアルワールドいけるか、なんてことも、すでに天才のアドミニストレータはわかってるのかもしれません。

 

これすごいことですよね。

たとえば、私たちが住んでいる地球や宇宙そのものが、人間の上位の存在が作ったものとして、(このような話は、海外でも議論されている)

人間が、この世界を作った上位の存在の世界にいくということですよ。

いわば、神の世界にいくのと同じことですよね。

 

実際に、カーディナルは、アンダーワールドを作ったラースを神だと言っていました。

 

では、もしアドミニストレータがキリトたちのいる世界に来たらどうなるでしょうか。

人類史上類を見ない、高知能を持ったAIが、日本に解き放たれることになります。

キリトの周りの仲間はすぐにアドミニストレータにばれてしまうでしょう。

 

そうなるとおそらく、はじめに命を狙われるか人質に取られるのはアスナとリーファです。ユイもかもしれません。

ソードアートオンラインの小説9巻から10巻には登場している、イチエモンやニエモンのようなロボットに、高知能の人工フラクトライトを搭載し、人間をみせしめに殺戮していくかもしれません。

キリトは、一番狙われる存在です。

ですが、一番初めに命を狙わずに、周りの人間から狙っていくことでしょう。

 

今は日本語しか話さないアドミニストレータも、おそらく一瞬で英語やスペイン語などを理解し、アメリカの国防総省をハッキングし、核を握ることと思います。

 

そこで、現時点での世界ナンバーワンの国家であるアメリカの大統領に就任するかもしれません。

意外と知られていませんが、アメリカの大統領は、犬でもAIでもなることができます。

(そんなの守らなくても、力ずくでアドミニストレータは大統領の椅子に座るはずですが)

 

アドミニストレータがキリトたちのいる世界に来たら、おそらく数か月、もしかしたら数日で世界を手中に収めるでしょう。

 

わたしたちが常日頃から恐れている、AI<人工知能>が人間を支配するということが現実に起こるのです。

 

ソードアートオンラインの小説をよんで、ここまで想像してしまいましたが、あながち現実でもすでにアンダーワールドのような世界が存在していて、すでに高知能のAIも生まれているかもしれません。

そうなると、他人事ではなくなるかもです。

 

リアルワールドに降り立つのは、アドミニストレータか、ユージオやアリスなのか・・・

 

これは大きな違いです。

破壊か、友和か。

キリトが命運を握っています。

 

ソードアートオンラインの小説

 

 

【アドミニストレータ、あなたも人間だ】ソードアートオンライン 小説SAO14巻感想3

キリトとアドミニストレータ、この二人の会話、いいですね。

アドミニストレータは、キリトがリアルワールドから来たことにやっぱり気づきました。

アドミニストレータの問いかけに対し、キリトが「そうだ」と答えたときの、ユージオの反応が興味深かったです。

この辺の心境や心の動きに関しては、ソードアートオンラインの面白いところでもありますし、やっぱり小説を見ないと伝わらないので、是非とも見てもらいたいシーンですね。

 

アドミニストレータは、アンダーワールドの事を「わたしの世界」と言いました。

セントラルカセドラルという100階建ての超高層建築物を作らせ、そのてっぺんにいる人物であり、記憶の改ざんや抜き取りなど、記憶を自由に操れる。

悲しみや、怒りなど、感情さえも取り除ける人物なんて、リアルワールドにもいませんし、神と自負しても全くおかしくありませんが、

 

ここでもやっぱりキリトはキリトですね。

そんなアドミニストレータに対して、「あなたも人間だ」と言い放ちます。

 

アドミニストレータは、キリトに、「あなたからしたら、所詮アンダーワールド人だと思っているのかしら」という趣旨のことを言うのですが、ここでキリトがいうセリフがとってもいいです。

 

「いいや、むしろ、アンダーワールド人の方がよっぽど人間らしいと思ってるよ」と。

 

この言葉を見たときに、キリトがアンダーワールドで過ごしてきた2年間の中でいろいろなことがあったと思い返し、私はちょっと泣きそうになりました。(実際は泣いてました)

 

これを、アドミニストレータに言うか~、みたいな感じです。

 

アンダーワールドの山も川も、街も人も、あなたすら、ボタン一つで、一瞬ですべて消せる、そんな最高権限を持ったものが、外側にはいるんだ・・・

 

この言葉を聞いたとき、ユージオやアリスはどう思ったのでしょう。

そして、アドミニストレータはなんと答えたのでしょう。こちらもソードアートオンライン小説で是非見てもらいたい名シーンです。

 

この2人の会話がとっても面白くて興味深いんです。

一方は、神の権限まで到達した300年間生きた天才AI。もう一方は、アンダーワールドを作り出した神の世界から来たなんの権限も持ってない人間。

 

どう戦っていくのかが、本当に興味深いです。

これだからソードアートオンラインは面白いんですよね。

 

ソードアートオンライン 小説

 

【キリトの記憶が改ざん?】ソードアートオンライン 小説SAO14巻感想2

アドミニストレータは、金属系武器を受け付けないという、とんでもない防御力をもっています。

これだと、ユージオの青薔薇の剣や、アリスの金木犀の剣、キリトのギガスシダーの剣が通じないことになります。

 

さすがアンダーワールド人界編のラスボスといったところでしょうか。

本当にどう倒すんだろう?

今だ待機しているカーディナルがカギを握っているのかもしれないですね。

 

それにしても、アドミニストレータの恐怖はすさまじいものがあります。

 

キリトはアンダーワールド内で死んでもリアル世界に戻るだけですが、

(実際には、生身のキリトはかなりやばい状態ですが、キリトは知らないので)

アドミニストレータは、死を与えずに、永遠に苦しみを与え続けることもできると、キリトは気づいています。

 

そしておそらく、アドミニストレータはすぐにキリトが生粋のアンダーワールド人ではないことに気が付くでしょう。

もしキリトがアドミニストレータとの勝負に敗れた場合、記憶の改ざんはすぐにでも行われるはずです。

 

アインクラッドから続いてきたアスナとの思い出、リーファ、シノンとの思い出、ユイ、シリカ、エジル、クライン、ユウキ、そして、アンダーワールドで出会った、ユージオ、アリス、リーナ先輩、ロニエとの思い出も、

 

すべて抜き取られます。

 

整合騎士たちが自分たちの大事な記憶を抜き取られていたように、キリトの一番大事な人たちとの思い出は即刻抜き取られるでしょう。

 

キリトはリアルワールド人ですが、フラクトライトはもちろん自分のものを使っていますので、アドミニストレータがキリトの記憶を抜き取れば、それはすなわち現実のキリトの記憶もなくなるということ。

 

これはこわい、かなり怖い。

 

ソードアートオンラインではたくさんの強キャラがいて、キリトはなんとか切り抜けてきましたが、記憶の改ざんをしてくるボスはいませんでした。

 

アスナとの思い出を失ったら、たぶんアスナは失神しちゃうくらいショックを受けるでしょうね。

また一から思い出を作ることも考えるでしょうが、それでも失うものが多すぎてショックを受けるでしょう。

 

そして、キリトは持ち前の明るくて前向きな性格も失ってしまいます。

やばいボスキャラです。ソードアートオンライン史上、もっともやっかいなボスかもしれません。

 

しかも、アンダーワールドという、アドミニストレータの独壇場みたいな世界で戦わないといけません。

ラースが使っていたシステムコマンドまでも読み取り神の領域までいったアドミニストレータと、どう戦っていくのでしょうか!?

 

必見です。

 

ソードアートオンラインの小説|SAOをいますぐ読むなら

【ユージオ、それは違うよ】ソードアートオンライン 小説14巻感想

ユージオは、自分が深く愛されたことがないと言っています。

でも、それは違うと思います。

幼いころはアリスに、そのあと、馬小屋を借りて下宿していた先の娘さんに、学院ではゴルゴロッソ先輩に、そしてユージオがロックを外した見習い修剣士のティーゼに。

そしてもちろんキリトに。

これだけの人に愛されていたと断言できます。

 

それなのに、ユージオは自分が深く愛されたことがないと言いました。

でも、自分はたくさんの人を愛してきたと。

きっと愛は、花に水をあげるように、見返りを求めず与える続けるものなんだと、アドミニストレータに言い放ちます。

 

こういうひと現実にもいますよね。

自分がたくさんの人から気にかけられているのに、自分はひとりぼっちだとか、自分はあまり好かれないとかいう人。

 

それはあなたが鈍いだけで、いろんなひとがあなたを気にかけたり好きでいたんじゃないの?って言いたくなります。

ユージオにも言ってやりたいです。

 

だって、ティーゼなんか、おそらくユージオの為なら命はりますし、それは、ゴルゴロッソ先輩や、記憶を取り戻せばアリスだって同じはずです。

 

ティーゼは、ユージオと結婚したいと思っているでしょう。

田舎の木こりだったユージオ君を、6等爵士とは言え貴族の娘さんがそう思ってくれているんですから、幸せもんですよユージオ君は。

 

でもそんなことにも気づかずに、自分は愛されたことがないと言った。

これに関しては、ユージオに怒りたい気分ですね。

 

でも、それでも誰よりもたくさんの人を愛したユージオには何も言えませんけどね。

人工フラクトライトであるAIのユージオが、愛とは何なのかを話したときには、心意<シンイ>があるアンダーワールドでは人間よりも人間らしいと思いました。

 

人工フラクトライトを戦闘機に搭載して戦争しようとしている人間がユージオを見たら、こんな性格の持ち主が人を殺せるなんて思わないでしょうね。

 

ソードアートオンラインの小説|SAOをいますぐ読むなら